意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「馴染み深い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「馴染み深い」という表現は「昔から使っていたこのテーブルは馴染み深いものです」などの文章で使われますが、「馴染み深い」にはどのような意味があるのでしょうか?

「馴染み深い」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

馴染み深い

Meaning-Book
「馴染み深い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「馴染み深い」の意味
  • 「馴染み深い」の表現の使い方
  • 「馴染み深い」を使った例文と意味を解釈
  • 「馴染み深い」の類語や類義語


「馴染み深い」の意味

「馴染み深い」という表現は、「長い期間にわたって使ったり関わりを持ったりしていて、すっかり慣れ親しんでいるさま」を意味しています。

「馴染み深い」というのは、「そのモノ・人物に非常に慣れ親しんでいて、よく知っているさま」を意味している表現です。

  • 「馴染み深い」の読み方

「馴染み深い」の読み方

「馴染み深い」の読み方は、「なじみぶかい」になります。



「馴染み深い」の表現の使い方

「馴染み深い」の表現の使い方を紹介します。

「馴染み深い」の表現の使い方は、「長い期間にわたって、そのモノ・相手と関わりを持っていて、すっかり慣れ親しんでいる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「その人は、小さい頃から知っている馴染み深い相手でした」といった文章で使うことができます。

「馴染み深い」を使った例文と意味を解釈

「馴染み深い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「馴染み深い」を使った例文1
  • 「馴染み深い」を使った例文2

「馴染み深い」を使った例文1

「この小高い丘は、子供時代に友達と一緒によく来ていた馴染み深い場所です」

この「馴染み深い」を使った例文は、「馴染み深い」の表現を、「子供時代に友達と一緒によく来ていた、非常に親しみのあるよく知っている場所です」という意味合いで使っています。

「馴染み深い」を使った例文2

「東京スカイツリーは、東京在住の人には馴染み深いトレードマークになってきました」

この「馴染み深い」を使った例文は、「東京在住の人には慣れ親しんだ(広く知られた)トレードマークになってきた」という意味を持つ文脈で、「馴染み深い」の表現を使用しています。



「馴染み深い」の類語や類義語

「馴染み深い」の類語や類義語を紹介します。

  • 「見慣れた」【みなれた】
  • 「一般に認知された」【いっぱんににんちされた】

「見慣れた」【みなれた】

「馴染み深い」という表現は、「長い期間にわたって慣れ親しんでいるさま・見慣れていてよく知っていること」を意味しています。

「見慣れた」とは、「何度も見ていてよく知っていること」を意味する言葉です。

それらの意味合いから、「馴染み深い」とよく似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「見慣れた」という表現を指摘できます。

「一般に認知された」【いっぱんににんちされた】

「馴染み深い」という言葉は、「すっかり慣れ親しんでいて、広くいろいろな人に認知されているさま」を意味しています。

「一般に認知された」という表現には、「大勢の人たちからよく知られていること」の意味合いがあります。

この意味から、「一般に認知された」という表現を、「馴染み深い」の類義語として解釈することが可能です。

icon まとめ

この記事で解説した「馴染み深い」の表現には、「長期間にわたりすっかり慣れ親しんでいて、よく知られているさま」などの意味があります。

「馴染み深い」の類語・類義語として、「見慣れた」「一般に認知された」などがあります。

「馴染み深い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。