意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「馴染める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話で「馴染める」という言葉を使うことがあります。

痛いどの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

馴染める

Meaning-Book
「馴染める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「馴染める」の意味
  • 「馴染める」の表現の使い方
  • 「馴染める」を使った例文と意味を解釈
  • 「馴染める」の類語や類義語


「馴染める」の意味

「馴染める」の意味は以下の2つです。

1つ目は「人や場所になれて安心して過ごせること」という意味です。

初めてその土地に引っ越してきたり、新しい職場になった時に、段々と慣れない人や場所に慣れて行けると確信した状態を表します。

2つ目は「程良く調和できる」という意味です。

目には見えない味わいや雰囲気などが、その人の持つ性質と融合してしっくりとすることを言います。

  • 「馴染める」の読み方
  • 「馴染める」の言葉の成り立ち

「馴染める」の読み方

「馴染める」の読み方は、「なじめる」になります。

「なれそめる」と読み間違わない様にしましょう。

「馴染める」の言葉の成り立ち

「馴染める」は動詞「馴染む」の可能形です。

「馴」「なれる・ならす」「おとなしい・従順な」という意味です。

「染」「そめる」と読み、「色を付く」「しみ込む」「影響を受ける」という意味があります。

これらの漢字が組み合わさり「なれて身体に染み込むほどになる」という意味で使われています。



「馴染める」の表現の使い方

「馴染める」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「馴染む」との違い

文法的な使い方

「馴染める」は動詞ですので、文末にそのまま使います。

副詞として使う時には「馴染めて」になります。

因みに名詞として使う時には「馴染み」になりますが、「飲食店や風俗店にとって通いなれたお客」という意味が加わります。

「馴染む」との違い

「馴染める」は可能を表す動詞で、「最初はどうか分らなかったけれどもなれて親しめると思うこと」という意味で使います。

「馴染む」「自分から積極的になれて親しんでいくこと」という意味です。

この2つは「最初から周囲の環境が本人に適しているか、努力して合わせようとするか」というニュアンスが違います。

「馴染める」を使った例文と意味を解釈

「馴染める」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「馴染める」を使った例文1
  • 「馴染める」を使った例文2

「馴染める」を使った例文1

「転勤先の下見をしたところ、雰囲気も良く最初から馴染めると思った」

転勤を言い渡されてショックを受けていたのですが、いざ現地の下見に行ったところ、非常に環境が良くて同じ位の年代の人も多く、親しみを持って安心して過ごせると思ったことを表しています。

「馴染める」を使った例文2

「洋服が馴染むかではなく自分が馴染めるかだと思う」

自分が着たいと思っているファッションは、洋服が似合っているかではなく、自分が似合う様に変わるべきであると持論を述べています。



「馴染める」の類語や類義語

「馴染める」の類語や類義語を紹介します。

  • 「打ち解けられる」【うちとけられる】
  • 「親近感を持てる」【しんきんかんをもてる】

「打ち解けられる」【うちとけられる】

「遠慮や警戒心がなくなり、親しみを持てること」という意味です。

「親近感を持てる」【しんきんかんをもてる】

「相手のことを身近な存在だと思い共感できること」という意味です。

icon まとめ

「馴染める」「人や場所になれて安心して過ごせること」「程良く調和できる」という意味があります。

安心して過ごせる雰囲気だと思った時に使いましょう。