意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「レギュレーション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「レギュレーション」は、これが決められている競技などでとても大切になります。

レギュレーション

Meaning-Book
「レギュレーション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「レギュレーション」の意味とは?
  • 「レギュレーション」の表現の使い方
  • 「レギュレーション」を使った例文と意味を解釈
  • 「レギュレーション」の類語や類義語


「レギュレーション」の意味とは?

「レギュレーション」とは、日本語では「規定」となる言葉です。

その中でも「禁則事項」に当たるものがこのように表現され、これを破ると罰則があったり、失格(無効)になってしまうことがあります。

ビジネスでも使われる言葉で、「次のコンペのレギュレーションはきちんと把握してる?」などと用いると、そのコンペの発表で禁止されている内容は理解したかと言っていることになります。



「レギュレーション」の表現の使い方

「レギュレーション」の表現の使い方を紹介します。

「禁止規定」と訳されることもある言葉で、この表現が一番分かりやすいと思います。

要は「これはやってはいけない」といった規定の集まりだと考えていいでしょう。

F1レースのファンにはお馴染みの言葉で、特にエンジン(パワーユニット)のこのレギュレーションは何年かおきに何度も変更されています。

2019年現在では排気量が1.6リットル(ターボとハイブリッドモーターの使用が可能)を超えてはならないとされていますが、2013年まではそれが4リットルまで(ターボやハイブリッドモーターは使用できません)でした。

「レギュレーション」を使った例文と意味を解釈

「レギュレーション」を使った例文と、その意味の解釈です。

禁止に関する規定だけに、上のF1の例のように、この範囲でなければならないといった内容のことがほとんどです。

  • 「レギュレーション」を使った例文1
  • 「レギュレーション」を使った例文2

「レギュレーション」を使った例文1

「レギュレーションによると、この板の長さでは違反になってしまう」

スキージャンプ競技では、使用できるスキー板に最長でも身長の145%の長さまでというレギュレーションがあります。

その為、身長が178センチの選手だと、255センチを超える板はレギュレーション違反になってしまいます。

「レギュレーション」を使った例文2

「棒高跳びのポールのレギュレーションがとても緩やかなのに驚いた」

棒高跳びで各選手が使用するポールは、丸い棒状のもので形が均一であれば、長さや太さ、材質は一切問われていません。

長さにレギュレーションがないことを知ると驚く人が居ますが、長過ぎるポールはその分重くなり、持って走ることが難しくなる為、長ければいいというものでもないのです。



「レギュレーション」の類語や類義語

「レギュレーション」の類語や類義語を紹介します。

こちらの言葉で言い換えられることも多いですが、少々意味合いが異なります。

  • 「ルール」【るーる】

「ルール」【るーる】

レギュレーションは、要はこの「ルール」だと言っていいかも知れません。

ただし、この「ルール」は禁則事項だけでなく、細かい部分にまで及ぶ総合的な決まりのことで、全く同じ意味という訳ではありません。

その為、「ルール」と表現される時には、その中に「レギュレーション」に該当するものも含まれていると考えていいでしょう。

icon まとめ

「レギュレーション」は、「守らなくてはいけない規定」のことです。

「ルール」の中でそのような部分だけをこう使うこともあり、これに違反すると何かしらの罰があると解釈してください。