意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

東北や北海道の方言「やっこい」とは?意味!?徹底解説

この「やっこい」は、使われる地方によって意味が異なるので注意が必要です。

やっこい

Meaning-Book
東北や北海道の方言「やっこい」とは?意味!?徹底解説>


目次

  • 東北から北海道にかけての「やっこい」とは?
  • 関西弁の「ややこい」意味との違い
  • 「やっこい」の表現の使い方


東北から北海道にかけての「やっこい」とは?

東北地方や北海道で使われる「やっこい」とは、「やわらかい」という意味になります。

「やっこい餅だべ」などという使い方になり、やわらかい対象に広く用いることができます。

それらの地域だけでなく、栃木や埼玉などの関東地方でもこの意味で使われることがあり、一部では元は埼玉弁だという説も囁かれています。



関西弁の「ややこい」意味との違い

関西ではこの「やっこい」は、「ややこしい」という意味で使っています。

また、同じ意味の「ややこい」という言葉もあり、こちらは元から関西弁となっています。

意味は全く同じなので、関西地方ではどちらを使っても構いません。

ただし、大阪では「ややこい」の方が浸透している為、こちらを選んだ方がいいかも知れません。

「やっこい」の表現の使い方

「やっこい」は東北から北海道にかけて、先のように「やわらかい」という意味で使われていますが、いかにもそれに見える(そう感じる)という用い方もできます。

例えば、「やっこい奴やのう」と使うと、太っている奴(それがやわらかそうに見えることから)と言っているのと同じで、このような中傷表現にもなることもある言葉です。



icon まとめ

「やっこい」は、関西以外で使われる時には「やわらかい」という解釈だと考えておいていいでしょう。