意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マイナースポーツ」とは?意味を解説

2020年は遂に東京オリンピックが行われます。

この大イベントを目前にして、様々なスポーツイベントが催されていますが、中には誰も知らないような「マイナースポーツ」というものがあります。

今回は、この「マイナースポーツ」について見ていくことにします。

マイナースポーツ

Meaning-Book
「マイナースポーツ」とは?意味を解説>


目次

  • 「マイナースポーツ」とは?意味
  • 「マイナースポーツ」の表現の使い方
  • 「マイナースポーツ」を使った例文と意味を解釈
  • 「マイナースポーツ」の類語や類義語


「マイナースポーツ」とは?意味

「マイナースポーツ」とは、「競技者人口、いわゆるプレイする人口が少なく知名度が低いスポーツのこと」を言っており、「一般の人達にあまりなじみのないスポーツ」と言えます。

また、「そのようなスポーツの総称」としても使われています。



「マイナースポーツ」の表現の使い方

「マイナースポーツ」「知名度の低いスポーツ」のことで、カバディやペタンク、ラクロスなどを指して「マイナスポーツ」と呼んでいます。

「マイナースポーツ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「マイナースポーツ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「マイナースポーツ」を使った例文1
  • 「マイナースポーツ」を使った例文2

「マイナースポーツ」を使った例文1

「数十年前では、空手はマイナースポーツの部類だったか、今では世界に数千万人もの競技人口を有するメジャースポーツだ」

空手は柔道のように日本を代表する武道ですが、ほんの数十年前は、世界では認知度の低いスポーツでした。

今ではプロの世界も確立されているほとで、世界の至るところ所で心身を鍛えている人がいます。

「マイナースポーツ」を使った例文2

「ラクロスやスカッシュも大学では、愛好会があるが、やはりマイナースポーツの1つとしてしか認知されていない」

どんなに競技人口が少ない「マイナースポーツ」でも、大学のサークルとして活動しているスポーツも少なくありません。

そして全国大会まで行なわれることもあるので、たとえ「マイナースポーツ」であっても、その魅力に取りつかれることを考えると、かなりの楽しさがあるはずです。



「マイナースポーツ」の類語や類義語

「マイナースポーツ」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉がある物事見ていくことにします。

  • 「知名度のないスポーツ」【ちめいどのないすぽーつ】
  • 「メジャーではないスポーツ」【めじゃーではないすぽーつ】

「知名度のないスポーツ」【ちめいどのないすぽーつ】

「知名度のないスポーツ」「マイナースポーツ」の類義語として扱うことができます。

「決して有名なスポーツ」ではないものの、競技する人がいるのであれば、それなりの楽しみ方があるはずです。

「メジャーではないスポーツ」【めじゃーではないすぽーつ】

「メジャーではないスポーツ」「マイナースポーツ」の類義語になります。

「メジャーではない」=「マイナー」ということからも「知名度の低いスポーツ」として解釈することになります。

icon まとめ

世の中には、数多くのスポットがありますが、日本では全く有名ではない「マイナースポーツ」でも、ある国では「メジャースポーツ」であるケースも少なくもありません。

しかし、公園で子供達が独自のルールを作って遊んでいる楽しみ方も、もしかすると、「マイナースポーツ」になっているかもしれません。