意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「どんつき」とは?どこの方言?徹底解説

この「どんつき」は、関西地方でよく使われています。

どんつき

Meaning-Book
「どんつき」とは?どこの方言?徹底解説>


目次

  • 「どんつき」とは?
  • 「どんつき」のはどこの方言?
  • 「どんつき」の表現の使い方


「どんつき」とは?

「どんつき」は、「行き止まり」という意味になります。

「この先、どんつきやわ」などと、京都を中心に関西では普通にこの意味で使われています。



「どんつき」のはどこの方言?

「どんつき」という言葉は、京都弁になります。

現在では大阪などでも聞くことがありますが、発祥は京都だという説が有力で、「どん、と突き当たる」が語源とされています。

「どんつき」の表現の使い方

「どんつき」は、完全な行き止まりという意味だけでなく、T字路のような突き当たりにも用いられる言葉です。

「そのどんつき、右に」のような使い方がそれで、このような使い方では「突き当たり」のことだと解釈するといいでしょう。

尚、新潟で昔から行われている有名な「どんつき祭り」がありますが、こちらは参加者同士が「どん、と突き合う」ことが語源とされており、京都弁のこの言葉とは関係ありません。



icon まとめ

「どんつき」は、東北の方では先の「どんつき祭り」が真っ先に浮かんでしまうかも知れませんが、言葉としては京都弁で、意味も違うので注意してください。