意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「だまくらかす」とは?どこの方言?類語も解説

「だまくらかす」という言葉は、強調表現として使われています。

だまくらかす

Meaning-Book
「だまくらかす」とは?どこの方言?類語も解説>


目次

  • 「だまくらかす」とは?
  • 「騙す」と「だまくらかす」のニュアンスの違いはある?
  • 「だまくらかす」の表現の使い方と注意点


「だまくらかす」とは?

「だまくらかす」は、元は北海道の方言です。

その地方では「騙す」のこととして普通に使われている場合が多いですが、他の地方ではそれが強調された表現として用いられる言葉で、例えば、「あいつ、まただまくらかす気か?」のように使われた場合、「この野郎はまた騙すつもりか?」のように強く表現していると捉えてください。



「騙す」と「だまくらかす」のニュアンスの違いはある?

先のように、北海道以外では「騙す」のニュアンスが強くなった言葉として使われており、「だまくらかしてやる」とした時には、見事にそれをやってやるというニュアンスで使っている、または騙す内容がそれなりにすごいのだと考えていいでしょう。

尚、近年では北海道でもそのように解釈することが増えています。

「だまくらかす」の表現の使い方と注意点

「だまくらかす」は、「騙す」よりきつい表現になる同様の意味の言葉なので、人前で使う時には注意してください。

特に目の前の人に対してそのつもりかといったような使い方をすると、場合によっては思わぬトラブルに発展してしまうかも知れません。



icon まとめ

「だまくらかす」は、とてもいい表現だとは言えない言葉です。

その為、使う場面や相手には充分に気を付けてください。