意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リアリティ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

私達の普段の会話では様々なカタカナ語が含まれています。

最近はプライベートな場面だけでなく、ビジネスシーンでもカタカナの言葉が溢れかえっています。

その中に「リアリティ」という言葉があるのですが、どのような意味があるのでしょうか? 今回はこの言葉について見ていくことにします。

リアリティ

Meaning-Book
「リアリティ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「リアリティ」とは?意味
  • 「リアリティ」の表現の使い方
  • 「リアリティ」を使った例文と意味を解釈
  • 「リアリティ」の類語や類義語


「リアリティ」とは?意味

「リアリティ」は英語の“reality”が元になったカタカナ語で、「現実」「真実性」「事実」「本質」といったことを意味する言葉です。

言い換えると「本当に存在しているものや事柄」ということになります。



「リアリティ」の表現の使い方

「リアリティ」「真実性」という意味があるので、実際にあることを強調して締めずような場面で使われることになります。

「リアリティ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「リアリティ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「リアリティ」を使った例文1
  • 「リアリティ」を使った例文2

「リアリティ」を使った例文1

「今度のデジタルサイネージの映像はあまりにもリアリティがありすぎて、まるで本物かと思った」

この数年、広告業界などの分野で耳にするのが、「デジタルサイネージ」です。

これは「電子広告」という意味があるのですが、街の至る所に大型ディスプレイを設置してCGベースのコンテンツを流しています。

あくまで「バーチャルリアリティ」の世界なのですが、その出来映えに「リアリティ」な空間と勘違いしてしまいます。

「リアリティ」を使った例文2

「バーチャルリアリティを使ったアプリを活用することで、理想的な都市開発の空間をイメージすることが簡単にできるようになった」

「バーチャルリアリティ」でも使われる「リアリティ」ですが、これは「仮想現実」のことを指しています。

「バーチャルリアリティ」のアプリを使うと、そこにはあたかも本物のような都市空間を表現させることも可能になっています。

これを使って、設計会社や大手ゼネコンが理想的な街作りを施主や自治体にプロポーザルすることができます。



「リアリティ」の類語や類義語

「リアリティ」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「現実」【げんじつ】
  • 「実際に」【じっさいに】

「現実」【げんじつ】

「現実」「リアリティ」の類義語として置き換えることができます。

類義語というよりは、「リアリティ」の訳語と言った方がいいでしょう。

「頭の中で考えるだけではなく、実際こうであるという状態のこと」を意味しています。

「実際に」【じっさいに】

「実際に」「リアリティ」の類義語になりますが、「真実や事実に従うこと」という意味になります。

icon まとめ

「リアリティ」という言葉は「バーチャルリアリティ」という用語で使われるケースがかなりあります。

しかし、「リアリティ」そのものもビジネスシーンの中で、よく使われていますので、いかに身近な言葉であるかが分かるでしょう。

このような言葉は、他にも色々とあるので、さらに言葉のボキャブラリーを増やしていくと、ますますその使い方に関心が深くなっていくはずです。