意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マニュアライズ」とは?意味!例文と表現の使い方!

この「マニュアライズ」は、ビジネスでは色々な部分で必要になります。

マニュアライズ

Meaning-Book
「マニュアライズ」とは?意味!例文と表現の使い方!>


目次

  • 「マニュアライズ」とは?
  • 「マニュアライズ」の表現の使い方
  • 「マニュアライズ」を使った例文と解釈


「マニュアライズ」とは?

「マニュアライズ」は、「決まった仕組み(手順)として確立する」ことです。

例えば、プリンターの使い方で、印刷前に必要になる分だけ紙を入れ、印刷が終わったら必ず電源は切るといったように運用法が徹底されていた場合、それが「マニュアライズされた内容」だと表現できます。

そのようにするものだと「取り決める」ことだと言うこともでき、それによって効率化を図るのが主な目的です。



「マニュアライズ」の表現の使い方

マニュアライズすることで、その度にいちいち誰かに尋ねることが無くなり、人によってやり方が違うということも無くなります。

これらが先の効率化に繋がり、また、間違いも無くすことになります。

ただし、 マニュアライズされていない部分について戸惑ったり、もっといい方法があるにも関わらず、それに拘って逆に非効率となっているような場合がないとも言えません。

その為、何事もこのマニュアライズしてしまうのが必ずしも最適だという訳でもありません。

「マニュアライズ」を使った例文と解釈

「マニュアライズ」を使った例文と、その意味の解釈です。

単純なことにはとても有効だと言えますが、少々込み入った内容になると、無理にこのようにするのは難しいかも知れません。

  • 「マニュアライズ」を使った例文1
  • 「マニュアライズ」を使った例文2

「マニュアライズ」を使った例文1

「マニュアライズされた通りに行ってくれ」

決まった手順通りにするように言っています。

工場などでは、その為の手順書が壁に掲げてあるようなことも多いです。

「マニュアライズ」を使った例文2

「そんな複雑なことはとてもマニュアライズできない」

途中で個々の判断による分岐があったり、それなりに長い手順になる場合、これが決まった仕組みだと確立するのは難しいことが少なくありません。



icon まとめ

「マニュアライズ」は、単純作業にはとても有効だと言うことができますが、個人ごとに判断が異なる部分があったり、複雑なことに対しては無理に行うこともないと言えるものです。