意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ディストピア飯」とは?意味を解説

ネット上で「ディストピア飯」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、概要を紹介します。

ディストピア飯

Meaning-Book
「ディストピア飯」とは?意味を解説>


目次

  • 「ディストピア飯」とは?意味
  • 「ディストピア飯」の概要


「ディストピア飯」とは?意味

「ディストピア飯」とは「未来の世界で、人が管理社会により自由を奪われた時と想定した食事」という意味です。

効率的に栄養を摂取することだけを考えた食事内容であり、味や見た目などは問題にされません。

一般的にはカロリーバーや固形食、サプリなどがあり、無地のプレートに無機質に並べられて配膳されます。

近未来に、人々がコンピュータなどで完全に管理をされ、一級市民だけが贅沢をして、下層民は嗜好品や高級品などは楽しめなくなってしまう社会における食事を表しています。



「ディストピア飯」の概要

「ディストピア飯」の背景と使い方について紹介します。

  • ディストピアとは
  • 「ディストピア飯」の使い方

ディストピアとは

「ディストピア」とは、SFの世界として設定される未来社会で、戦争や貧困がなく、一見平和で暮らし易く見えます。

しかし実際に人は完全に政府に管理されて、自由を奪われた状態なのです。

「表現の自由がない」「社会的立場の格差が激しい」「産児制限や遺伝子管理をしている」「思想を統一される」などがある世界です。

「ディストピア飯」の使い方

「ディストピア飯」は、ツイッター上に自分がアレンジした配膳画像を投稿した時にタグ付として使われます。

多くの場合はカロリーバーやタブレット、サプリなど、コンビニやドラッグストアで入手できるもので間に合わせますが、中には自分で固形食を作って投稿する人もいます。

icon まとめ

「ディストピア飯」とは「未来の世界で、人が管理社会により自由を奪われた時と想定した食事」という意味です。

自分で想定してプレートを作ってみましょう。