意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「益々のご発展をお祈り申し上げます」の意味とは!類語や返信方法など詳しく解釈

「益々のご発展をお祈り申し上げます」という表現は「ビジネスメール・畏まった手紙の文章」などで使われますが、「益々のご発展をお祈り申し上げます」にはどのような意味があるのでしょうか?

「益々のご発展をお祈り申し上げます」という表現の「意味・読み方・使い方・返信方法・類義語」について、詳しく解説していきます。

益々のご発展をお祈り申し上げます

Meaning-Book
「益々のご発展をお祈り申し上げます」の意味とは!類語や返信方法など詳しく解釈>


目次

  • 「益々のご発展をお祈り申し上げます」の意味
  • 「益々のご発展をお祈り申し上げます」の表現の使い方
  • 「益々のご発展をお祈り申し上げます」の返信方法
  • 「益々のご発展をお祈り申し上げます」の類語や言い換え


「益々のご発展をお祈り申し上げます」の意味

「益々のご発展をお祈り申し上げます」という表現は、「今よりも更に成長・繁栄することをお祈りします」という相手方(主に取引先の企業など)への好意的で丁寧な祈りを意味しています。

ビジネスシーンのメールで使われやすい「益々のご発展をお祈り申し上げます」という言葉は、「相手(取引先企業)に対する期待・応援・励まし」などのポジティブな意味合いを持っています。

  • 「益々のご発展をお祈り申し上げます」の読み方

「益々のご発展をお祈り申し上げます」の読み方

「益々のご発展をお祈り申し上げます」の読み方は、「ますますのごはってんをおいのりもうしあげます」になります。



「益々のご発展をお祈り申し上げます」の表現の使い方

「益々のご発展をお祈り申し上げます」の表現の使い方を紹介します。

「益々のご発展をお祈り申し上げます」の表現の使い方は、相手(取引先の企業など)のいっそうの繁栄・成長・健康などをお祈りして使うという使い方になります。

一般的に、ビジネスメールの最後などで、「貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」という定型句の形で使用されることが多くなっています。

「益々のご発展をお祈り申し上げます」の返信方法

「益々のご発展をお祈り申し上げます」の表現を使った返信方法は、「退職・転勤の挨拶メール」「取引先へのお礼のメール」「年賀状メール」「内定辞退のメール」などで使われます。

基本的にどのビジネスメールでも、メールの文末で使用する返信方法となり、「メールの締めくくりの一文」として使うことになります。

大事な取引先企業などに宛てた「メール本文」を書き終えたら、メール文末に「末筆ではございますが、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」と書くようにしましょう。



「益々のご発展をお祈り申し上げます」の類語や言い換え

「益々のご発展をお祈り申し上げます」の類語や類義語を紹介します。

  • 「益々のご隆盛をお祈り申し上げます」【ますますのごりゅうせいをおいのりもうしあげます】
  • 「皆様のご多幸をお祈り申し上げます」【みなさまのごたこうをおいのりもうしあげます】

「益々のご隆盛をお祈り申し上げます」【ますますのごりゅうせいをおいのりもうしあげます】

「益々のご隆盛をお祈り申し上げます」という表現は、「これから更に勢い良く発展して栄えることをお祈りします」を意味しています。

その意味合いから、「益々のご隆盛をお祈り申し上げます」の表現を、「益々のご発展をお祈り申し上げます」とよく似た意味を持つ類語として考えることができます。

「皆様のご多幸をお祈り申し上げます」【みなさまのごたこうをおいのりもうしあげます】

「皆様のご多幸をお祈り申し上げます」という表現は、「その会社の皆さんが幸せであることを祈っています」を意味しています。

この意味から、「益々のご発展をお祈り申し上げます」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「皆様のご多幸をお祈り申し上げます」という表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で紹介した「益々のご発展をお祈り申し上げます」の表現は、ビジネスメールの文末で使われる定型句の一つです。

「益々のご発展をお祈り申し上げます」の類語・類義語として、「益々のご隆盛をお祈り申し上げます」「皆様のご多幸をお祈り申し上げます」などがあります。

「益々のご発展をお祈り申し上げます」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。