意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ナッシング」とは?!意味を解説

この「ナッシング」は、英語の意味でそのまま使えると考えて構いません。

ナッシング

Meaning-Book
「ナッシング」とは?!意味を解説>


目次

  • 「ナッシング」とは?
  • 「ナッシング」の使い方や注意点


「ナッシング」とは?

「ナッシング」は英語では“nothing”となり、「何も無い」という表現になります。

カタカナ語の「ナッシング」も基本的にはこの意味で、「無かった」「居ない」という解釈で用いられることがほとんどです。

英語表示のゲームをプレイしていると、宝箱の中に対してこの“nothing”と表示されたり、部屋の中に誰も居ないという意味で同じく“nothing”とよく使われていますが、カタカナ語としてもこのように使えると考えていいでしょう。



「ナッシング」の使い方や注意点

また、英語でもそうですが、「何でもない」という解釈でも用いることができる言葉です。

「何かあった?」「どうした?」と聞かれた際に「ナッシング」と返すと、その「何でもない」と表現できます。

ただし、一般にはあまり使わない表現の仕方で、仲のよい友達同士でもないとこのようなやり取りはまず見ることはありません。

icon まとめ

「ナッシング」は、英語ではよく使われる言葉の1つですが、カタカナ語では特にそれ(無かった、居ないなど)を強調する場合以外にはあまり用いられません。

使うとしても、友達の間くらいに留めておきましょう。