意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予知能力」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「予知能力」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「予知能力」という言葉の理解を深めていきましょう。

予知能力

Meaning-Book
「予知能力」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「予知能力」の意味
  • 「予知能力」の表現の使い方
  • 「予知能力」を使った例文と意味を解釈
  • 「予知能力」の類語や類義語


「予知能力」の意味

「予知能力」とは物事が起こる前にそれを知ることができるという能力のことを言います。

  • 「予知能力」の読み方

「予知能力」の読み方

「予知能力」の読み方は、「よちのうりょく」になります。



「予知能力」の表現の使い方

「予知能力」の表現の使い方を紹介します。

「予知能力」とは物事が起こる前にそれを知ることができるという能力のことを言いますが、超心理学の用語となります。

超感覚的の一種とされており、現在の科学において予測不可能な未来の事を正しく知ることができる能力であり「予知能力」を持っている人はそれほど多いわけではないのです。

その為、テレビ番組などでは「予知能力」のある人を集めた番組などを作ることもあります。

会話においての使い方としては「予知能力がある」「予知能力がない」などと使います。

「予知能力」を使った例文と意味を解釈

それでは「予知能力」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「予知能力」を使った例文1
  • 「予知能力」を使った例文2

「予知能力」を使った例文1

「予知能力があると言うならば、地震や台風など災害のことをどうして教えてくれなかったのだ」

「予知能力」とは、現時点では起こっていないことに対して、あらかじめ知ることができる能力という意味になります。

つまりそのような力があるのであれば、地震、台風といった自然災害のことを先に教えてくれればいいじゃないかということを例文は言い表しているのです。

「予知能力」を使った例文2

「彼は、予知能力者であると僕は信じている」

「予知能力」が備わっている人というのはそれほど多くはないでしょう。

ですから「予知能力者」と言われる人は珍しい存在であり、テレビ番組などで特集されることもあります。

また「予知能力」などありはしないと懐疑的な人もいますので、例文のように「僕は信じている」という言い方になるわけです。



「予知能力」の類語や類義語

「予知能力」の類語や類義語を紹介します。

  • 「洞察力」【どうさつりょく】
  • 「予見力」【よけんりょく】

「洞察力」【どうさつりょく】

「洞察力」とは物事を鋭く、深く観察する能力のことを言います。

「洞察力」に優れていれば、先に起こることを推測する能力も高まると言えるでしょう。

「彼の洞察力には恐れ入るばかりだ」「どこまでも洞察力に長けた人だ」という風に使います。

「予見力」【よけんりょく】

「予見力」とは何か、物事が起こる前にすでに見通して知ることができる力という意味になります。

「彼女の予見力で、助かった」「彼女の予見力がなかったら、大事故になっていたかもしれない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「予知能力」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。