意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「洞察力」意味とは?「洞察力」と「観察力」の違い・読み方・英語・類語【使い方や例文】

「洞察力」という言葉は耳にしたことがあるといった方も多いはずです。

よく日常的に使うこともあり、資料や本などにも「洞察力」といった言葉も用いているケースもあります。

ですが、なんとなく「洞察力」を理解しているけど、詳しいことはよく分からないといった方のために、ここではきちんと意味を理解し、例文や解釈・英語訳など様々なことをご紹介するので参考にしてください。

洞察力

Meaning-Book
「洞察力」意味とは?「洞察力」と「観察力」の違い・読み方・英語・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「洞察力」の意味とは?
  • 「洞察力」の読み方
  • 「洞察力」の英語(解釈)
  • 「洞察力」と「観察力」の違い
  • 「洞察力」の言葉の使い方
  • 「洞察力」を使った言葉・慣用句や熟語など(意味を解釈)
  • 「洞察力」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「洞察力があります」を自己prで使うときの注意点
  • 「洞察力」の類語や類義表現


「洞察力」の意味とは?

「洞察力」の意味は、物事を深く鋭く見抜く力や見通す力を言います。

かなり人の本心を見抜く力など、深く鋭く見抜く力を持った方は、やはり手強いと感じる方もいらっしゃるはずです。

そういう「洞察力」を持った方は、秀でていることもあり、観察しただけでは見えないものを直感的に見抜いて判断する能力を持っている方なので、仕事によっては、かなり重宝されることもあります。



「洞察力」の読み方

「洞察力」の読み方は「どうさつりょく」となります。

「洞察力」の英語(解釈)

洞察力 meaning in english

「洞察力」の英語表現は「insight」です。

この「insight」は、洞察力」の直訳になり、「人」に関するだけではなく、抽象的な課題・謎についても使えます。

また、「観察力がある」といった表現で形容詞にすると「observant」という英語表現になります。

英語は直訳よりも熟語や形容詞として使うケースが多いので、熟語として理解していくと幅広く活用することができます。

  • 「洞察力」の英文例1
  • 「洞察力」の英文例2
  • 「洞察力」の英文例3

「洞察力」の英文例1

“Her insight helped us solve the problem.”

「彼女の洞察力のお陰で、私たちは難問を解きました」

彼女の人を見抜く力が役立ったことを意味にしています。

彼女は洞察力がある方だといった意味も含め、それが役立っていると解釈できます。

「洞察力」の英文例2

“She is highly observant about even small things.”

「彼女は小さなことに関しても洞察力を持っている」

といった解釈になります。

彼女の洞察力は、かなり小さなことまで行き届いていることがわかります。

彼女がどういった方かイメージがつきやすいですね。

「洞察力」の英文例3

“good judge of character.”

この“judge”「選者」の意味ですが、今回の使い方は、「人の本質を見抜く」場合だけ使えます。

なので、人の本心を見抜く「洞察力」といったイメージを持っているとよいでしょう。



「洞察力」と「観察力」の違い

「洞察力」「観察力」の違いについてご説明します。

「観察力」は、「目に見える部分」を見る力など目で見て確認しながら日々の変化に気づくなどを意味しています。

「洞察力」「目に見えない部分」を見抜く力なので、人の行動や様子・会話などから判断して、その方の本心など鋭く見抜く力を持った方を「洞察力がある人」といった言い方もします。

大きく違う部分は、「目に見える部分」「目に見えない部分」か、ここは大きなポイントになります。

「洞察力」の言葉の使い方

「洞察力」の言葉の使い方を理解しておくと、ご自身で文章作成する場合に困ることもなく、スムーズに仕上げることができます。

「洞察力」の言葉の使い方をいくつかご紹介するので参考にしてください。

「洞察力」を使った言葉・慣用句や熟語など(意味を解釈)

ここでは、「洞察力」を使った言葉・慣用句や熟語など(意味を解釈)ご紹介します。

  • 「洞察力が鋭い」
  • 「洞察力を磨く」
  • 「洞察力を身に着ける」

「洞察力が鋭い」

「彼女は洞察力が鋭いので、彼女のアドバイスは仕事に役立った」

彼女は鋭い見抜く力があるので、彼女のアドバイスは仕事に役立ったことがわかります。

取引先や上司などの行動を彼女なりに判断し、鋭い「洞察力」によってアドバイスを的確に行った様子が伝わります。

「洞察力を磨く」

「仕事をする上で洞察力を磨くことは非常に重要になる」

仕事をする上で、鋭い見抜く力を伸ばしていくことは非常に重要になることを意味にしています。

じっくりと人の話しや行動など、見極める力などを磨いて行く必要があることがわかります。

「洞察力を身に着ける」

「彼女は留学したことで、洞察力を身に着けることができた」

彼女は留学したことで、鋭い見抜く力を身につけることができた。

留学先では、かなり人の行動や話す内容など、自分なりに厳しい環境にいたことで、鋭い見抜く力を身につけたことがわかります。

「洞察力」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「洞察力」を使った例文や短文など(意味を解釈)、ご紹介するので参考にしてください。

  • 「洞察力」を使った例文1
  • 「洞察力」を使った例文2

「洞察力」を使った例文1

「彼の洞察力は優れているので、一緒に仕事をして助かった」

彼の鋭い見抜く力が優れているので、一緒に仕事をして助かったことがあるなど意味しています。

彼の「洞察力」がいかに仕事に役立っているか、かなり助かったのかよくわかる内容になっています。

「洞察力」を使った例文2

「彼女は洞察力を使って、怪しいメールを削除しました」

彼女は鋭い見抜く力を使って、怪しいメールを削除したという意味です。

怪しいメールだなぁと自分で判断し、削除することができたので、例えばウィルス感染を事前予防することができるなど、彼女の「洞察力」は素晴らしいです。

「洞察力があります」を自己prで使うときの注意点

「洞察力があります」を自己prで使うときの注意点をご説明します。

「洞察力」のある人は、人や物事を観察し、周りをよく見て何事にも客観的に捉えることができるなどアピールするとよいです。

客観的で冷静さもあり、主観から離れて物事を見て判断することができるので、相手の立場になり物事を考えることができるなど、上手にアピールしましょう。

「洞察力」の類語や類義表現

「洞察力」の類語や類義表現「確かな目」「勘がよい」をご紹介します。

  • 「確かな目」
  • 「勘がよい」

「確かな目」

「彼女は確かな目を持っているので、正しい判断ができる人だ」

彼女は鋭い見抜く力を持っているので、正しい判断ができる人だという意味です。

「確かな目」「洞察力」と言い換えることもでき、優れた見抜く力を持っていることがよく分かるはずです。

「勘がよい」

「彼女は勘がよい人なので、彼の嘘はすぐ見抜かれます」

彼女は鋭い見抜く力を持っているので、彼の嘘はすぐ見抜かれます。

彼女の「洞察力」が優れていることを読み取れるでしょう。

彼の嘘もすぐバレるので、彼女の鋭さがよくわかります。

icon まとめ

「洞察力」の意味・使い方などいくつかご紹介したので理解できたはずです。

鋭い見抜く力を持った場合に使いますし、やはり使い方によっては懸念されるため、好印象を与えるよな使い方をするなど、上手に「洞察力」を用いることで、文章作成する際にもスムーズに行うことができます。