意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「洞察」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「洞察」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「洞察」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「洞察」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「洞察」の意味
  • 「洞察」の表現の使い方
  • 「洞察」を使った例文と意味を解釈
  • 「洞察」の類語や類義語


「洞察」の意味

「洞察」という言葉には「物事の本質を見通すこと」という意味があります。

「本質を見抜くこと」として使われることもあり、「洞察力」という言い方が最も一般的だと言えるでしょう。

「洞察力」というのは「観察しただけでは見えないものを直感的に見抜いて判断する能力」という意味です。

「観察力」というのは「目に見える部分を細かく見る力」になりますので、「洞察力」とは少々異なります。

  • 「洞察」の読み方

「洞察」の読み方

「洞察」の読み方は、「どうさつ」になります。

ビジネスなどでもよく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「洞察」の表現の使い方

「洞察」の表現の使い方を紹介します。

「洞察」「鋭い観察力で物事を見通すこと」になりますので、「試合の結果を洞察する」などと使われます。

選手たちの状態を見ながら物事を見通し、試合の結果がなんとなく想像できる、ということもあるかもしれません。

この場合に「結果を洞察する」といえます。

あるいは「洞察力」という形で使われることも多く、「あの人には鋭い洞察力があります」のように使われます。

「洞察」を使った例文と意味を解釈

「洞察」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「洞察」を使った例文1
  • 「洞察」を使った例文2

「洞察」を使った例文1

「あの社員には鋭い洞察力があるため、多くの人が頼りにしています」

会社に鋭い「洞察力」を持つ人がいると、その人は頼りになるとおもいます。

物事をしっかりと見通し、今後どのようなトラブルが起こるか判断できるなどという人は会社にとっても心強い人材になります。

また、「洞察力」はそれなりに鍛えることも可能ですから、もしも「洞察力を身に付けたい」と思ったら周りをしっかりと観察してみることも大切です。

「洞察」を使った例文2

「洞察力は常に役に立ちます」

人間は周りをしっかりと見て、どのようなトラブルが起こるかなどということにも予測を立てていかなければいけません。

そんな時に「洞察力」が役立ちます。

むしろ「洞察力」がなかったらどのようなトラブルが起こるかも考えられませんし、問題を回避することも難しくなるでしょう。

そのため、あらゆる場所で「洞察力」は求められるといえます。



「洞察」の類語や類義語

「洞察」の類語や類義語を紹介します。

  • 「見通し」【みとおし】
  • 「第六感」【だいろっかん】

「見通し」【みとおし】

「見通し」というのは「見通すこと」であり、「遠くまで人前に見ること」「内面などをすっかり見抜くこと」という意味があります。

「今後の見通しについて説明します」などと使われます。

「第六感」【だいろっかん】

「第六感」というのは「五感以外のものであり、五感を超えるもの」として理解されています。

「理屈では説明し難く、鋭く物事の本質をつかむ心の働き」になり、「シックスセンス」はミステリーの映画のタイトルとしても知られています。

icon まとめ

「洞察」という表現はビジネスでもよく使われますのでぜひ覚えておきましょう。

正しい意味を知っておく必要があります。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。