意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「瞼を伏せる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「瞼を伏せる」という表現は「彼と気まずい関係になっていたので、瞼を伏せました」などの文章で使われますが、「瞼を伏せる」の表現はどのような意味を持っているのでしょうか?

「瞼を伏せる」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「瞼を伏せる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「瞼を伏せる」の意味
  • 「瞼を伏せる」の表現の使い方
  • 「瞼を伏せる」を使った例文と意味を解釈
  • 「瞼を伏せる」の類語や類義語


「瞼を伏せる」の意味

「瞼を伏せる」という表現は、「相手や対象から視線(まなざし)を逸らして、下の方向を向くこと」「目線を下げて、相手(対象)の方向をあえて見ないようにするさま」を意味しています。

「瞼を伏せる」というのは、「気恥ずかしさ・気まずさ・きまりの悪さなどがあって、相手を直接見ることができず、視線を逸らして下方向を見ること」を意味している表現なのです。

  • 「瞼を伏せる」の読み方

「瞼を伏せる」の読み方

「瞼を伏せる」の読み方は、「まぶたをふせる」になります。



「瞼を伏せる」の表現の使い方

「瞼を伏せる」の表現の使い方を紹介します。

「瞼を伏せる」の表現の使い方は、「恥ずかしさや気まずさなどによって、意識的に視線を逸らしたり下方向を見たりする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「昨日喧嘩をした友達が部屋に入ってきた時、思わず瞼を伏せてしまいました」といった文章で使用することができます。

「瞼を伏せる」を使った例文と意味を解釈

「瞼を伏せる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「瞼を伏せる」を使った例文1
  • 「瞼を伏せる」を使った例文2

「瞼を伏せる」を使った例文1

「私が職場に顔を出した時に、上司が反射的に瞼を伏せたのでこれは何かあるなと感じました」

この「瞼を伏せる」を使った例文は、「上司が反射的に、私から目線を逸らして下を向いたので」という意味を持つ文脈で、「瞼を伏せる」という表現を使用しています。

「瞼を伏せる」を使った例文2

「お見合いパーティーで好みの男性が隣に座ってくれたのですが、緊張しすぎて瞼を伏せてしまいました」

この「瞼を伏せる」を使った例文は、「瞼を伏せる」の表現を、「緊張しすぎて、恥ずかしさのああまり意識的に視線を逸らしてしまった」という意味合いで使っています。



「瞼を伏せる」の類語や類義語

「瞼を伏せる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「目線を逸らす」【めせんをそらす】
  • 「顔が曇る」【かおがくもる】

「目線を逸らす」【めせんをそらす】

「瞼を伏せる」という表現は、「恥ずかしさ・気まずさなどによって、意識して相手(対象)から目線を逸らして見ないようにすること」を意味しています。

その意味合いから、「瞼を伏せる」とよく似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「目線を逸らす」の表現を指摘できます。

「顔が曇る」【かおがくもる】

「顔が曇る」という言葉は、「相手に対して気まずさやきまりの悪さを感じているために、顔の表情が暗くなる(良い返事を返してくれそうにない暗い顔つきになる)こと」を意味しています。

この意味から、「顔が曇る」の表現を、「気まずさからあえて相手から目線を逸らして下を見ること」を示す「瞼を伏せる」の類義語として考えることができます。

icon まとめ

この記事で説明した「瞼を伏せる」の表現には、「恥ずかしさ・気まずさなどによって、あえて視線を相手(対象)から逸らして下を向くこと」などの意味があります。

「瞼を伏せる」の類語・類義語として、「目線を逸らす」「顔が曇る」などがあります。

「瞼を伏せる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。