意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「信頼残高」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「信頼残高」という表現は「信頼残高を貯めることができれば、非常に大きな価値を生みます」などの文章で使われますが、「信頼残高」にはどのような意味があるのでしょうか?

「信頼残高」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

信頼残高

Meaning-Book
「信頼残高」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「信頼残高」の意味
  • 「信頼残高」の表現の使い方
  • 「信頼残高」を使った例文と意味を解釈
  • 「信頼残高」の類語や類義語


「信頼残高」の意味

「信頼残高」というのは、スティーブン・コヴィー著の『7つの習慣』という本で使用されている表現です。

「信頼残高」とは、「相手との間にある信頼関係・安心感・恩義(義理)を、銀行口座の残高に例えたもの」を意味しています。

「信頼残高」とは、「相手との約束・信義を守って、相手のために嘘をつかず誠実に行動(貢献)した時に残高が増える心理的な信頼の度合い」を意味している表現です。

  • 「信頼残高」の読み方

「信頼残高」の読み方

「信頼残高」の読み方は、「しんらいざんだか」になります。



「信頼残高」の表現の使い方

「信頼残高」の表現の使い方を紹介します。

「信頼残高」の表現の使い方は、「銀行の預金残高に喩えられた、自分に対する相手の信頼・信用・義理の度合い」を意味して使うという使い方になります。

相手が自分のことを信頼すればするほど「信頼残高」は増えますが、相手からの信頼を失えば「信頼残高」は減ります。

例えば、「信頼残高を増やすための方法は難しいものではありません」などの文章で使えます。

「信頼残高」を使った例文と意味を解釈

「信頼残高」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「信頼残高」を使った例文1
  • 「信頼残高」を使った例文2

「信頼残高」を使った例文1

「人間関係やビジネスで重要になってくる信頼残高には、増やしにくくて減らしやすいという困った特徴があります」

この「信頼残高」を使った例文は、「自分に対する相手の信頼の度合いを銀行残高に喩えたものは、増やしにくくて減らしやすい」という意味合いで、「信頼残高」の表現を使っています。

「信頼残高」を使った例文2

「信頼残高を増やしたいのであれば、相手の期待を裏切らず誠実に行動する心がけが大切になります」

この「信頼残高」を使った例文は、「自分に対する信頼や安心の程度を高めたいのであれば」という意味を持つ文章で、「信頼残高」の表現を使用しています。



「信頼残高」の類語や類義語

「信頼残高」の類語や類義語を紹介します。

  • 「信頼の程度」【しんらいのていど】
  • 「人間関係の積み重ね」【にんげんかんけいのつみかさね】

「信頼の程度」【しんらいのていど】

「信頼残高」という表現は、「相手が自分のことをどれくらい信頼しているのかという信頼の度合い」を意味しています。

その意味合いから、「信頼残高」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「信頼の程度」を上げられます。

「人間関係の積み重ね」【にんげんかんけいのつみかさね】

「信頼残高」という言葉は、「過去から現在に至るまでの人間関係の積み重ねによって増えたり減ったりする信頼・安心の度合い」を意味しています。

この意味から、「人間関係の積み重ね」という表現を、「信頼残高」と近しい類似の意味を持っている類義語として考えることができます。

icon まとめ

この記事で紹介した「信頼残高」の表現には、「自分に対する相手の信頼・安心・義理が、どれくらいあるのかを銀行残高の数字に喩えたもの」などの意味があります。

「信頼残高」の類語・類義語として、「信頼の程度」「人間関係の積み重ね」などがあります。

「信頼残高」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。