意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ワークライフバランス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「ワークライフバランス」は、言葉のまま「仕事と生活の調和」といった意味で使われます。

ワークライフバランス

Meaning-Book
「ワークライフバランス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ワークライフバランス」の意味とは?
  • 「ワークライフバランス」の表現の使い方
  • 「ワークライフバランス」を使った例文と意味を解釈
  • 「ワークライフバランス」の類語や類義語


「ワークライフバランス」の意味とは?

「ワークライフバランス」とは、上のように「仕事と生活の調和」と訳される言葉です。

造語ではなく、この「ワークライフバランス」という名前で内閣府から憲章(宣言)が公開されており、仕事と生活が両立しにくい現在の社会において、いかにそれを実現させるかといった内容で、それに向けた企業と働く者、国民、国、地方公共団体の4つの役割が明確に載せられています。



「ワークライフバランス」の表現の使い方

「ワークライフバランス」の表現の使い方を紹介します。

先の憲章こそ公開されているものの、簡単にその通りにはいかないのが現実というものです。

この「ワークライフバランス」における主たるテーマとして、「安定した仕事への従事」「仕事によって健康を害することがない生活」「仕事と子育て(もしくは介護)の両立」が主となる3つとして挙げられています。

仕事は「ワークライフバランス」の言葉の通り、まずそれがあること(それに就いていること)が前提となりますが、そこからして満足な職業に就けていない人も多いのが実情です。

上の3つはあくまで基本となるもので、趣味の充実などもこの「ワークライフバランス」の一環だと考えていいでしょう。

全ての国民が満足する仕事、それによる安定した生活が送れるというものでもありませんが、なるべくそれに近付けることが目的で使われている言葉で、何かの原因によってこれがうまくいっていないといったような使い方をされています。

「ワークライフバランス」を使った例文と意味を解釈

「ワークライフバランス」を使った例文と、その意味の解釈です。

先のように、これがうまくいっている、いっていない、これに関係するなどと使われることが多いです。

  • 「ワークライフバランス」を使った例文1
  • 「ワークライフバランス」を使った例文2

「ワークライフバランス」を使った例文1

「急に転勤になってしまい、ワークライフバランスが乱れている」

転勤は、それなりに大きな企業に勤務していると避けられないものです。

その為に普段の生活がうまくいかなくなったと考えられる例文ですが、その企業に所属している以上、そこは自分で何とかしなくてはいけない部分でもあります。

「ワークライフバランス」を使った例文2

「女性の社会進出がワークライフバランスにはとても大切になると考えられているようだ」

今や「女性は家庭」といった時代ではありません。

女性もどんどん社会進出するべきで、それによって男性では思い付かないようなアイデアもどんどん出てくるでしょう。

それが今後の「ワークライフバランス」へ(いい意味での)大きく影響を及ぼすと考えられています。



「ワークライフバランス」の類語や類義語

「ワークライフバランス」の類語や類義語を紹介します。

こちらも近年、政府が盛んに唱えています。

  • 「働き方改革」【はたらきかたかいかく】

「働き方改革」【はたらきかたかいかく】

「ワークライフバランス」の仕事の部分に絞った提案や指針だと解釈すると分かりやすいと思います。

それによって生活にも大きな影響を及ぼすことになる為、実質的に「ワークライフバランス」と同義だと考えていいでしょう。

よって、こちらもまた現実的には難しい内容が多いと言わざるを得ません。

icon まとめ

満足した仕事と安定した生活こそが「ワークライフバランス」の主題です。

宣言するだけでなく、実現できてこその言葉なので、それに向けた今後の社会全体の動きが注目されます。