意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リコメンド」(レコメンド)の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「リコメンド(レコメンド)」と言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

この言葉は、最近、ビジネス業界で急にクローズアップされてきた用語でもあります。

しかし、この言葉の意味を正しく理解しないままに使っている人も少なくありません。

そこでここでは、この「リコメンド(レコメンド)」にフォーカスしていくことにします。

リコメンド

Meaning-Book
「リコメンド」(レコメンド)の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「リコメンド(レコメンド)」とは?意味
  • 「リコメンド(レコメンド)」の表現の使い方
  • 「リコメンド(レコメンド)」を使った例文と意味を解釈
  • 「リコメンド(レコメンド)」の類語や類義語


「リコメンド(レコメンド)」とは?意味

「リコメンド(レコメンド)」とは、「ユーザーやお客さんの嗜好を細かく分析して、そのユーザー毎に最適な情報を提供するサービスのこと」です。



「リコメンド(レコメンド)」の表現の使い方

「リコメンド(レコメンド)」は、「顧客の様々な好みを分析して、その顧客に合わせた最も相応しいと思われる情報を提供するサービス」という意味がありますので、インターネットの検索エンジンで調べた情報を基に顧客の趣向に合わせた情報やサービスを提供するような仕組みを指して使うことがあります。

「リコメンド(レコメンド)」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「リコメンド(レコメンド)」を使った例文を挙げてみるので、頭の中で活用シーンをイメージさせながら、理解を深めてください。

  • 「リコメンド(レコメンド)」を使った例文1
  • 「リコメンド(レコメンド)」を使った例文2

「リコメンド(レコメンド)」を使った例文1

「得意先に相応しいと思われる当社の新サービスを、リコメンドすることで、囲い込みをすることにしています」

相手(得意先)の好みを把握して、その好みを満足させるようなサービスを提案したり、提供することがビジネスのベースとなるのですが、その前に、「リコメンド(レコメンド)」しておくことで、同業他社にアプローチされないように囲い込みをするのです。

そのような意味で「リコメンド(レコメンド)」は有効的な顧客作りの手法と言えます。

「リコメンド(レコメンド)」を使った例文2

「最近のECサイトは、リコメンドアルゴリズムの手順を使って、リコメンドエンジンに顧客情報を蓄積しています。そのおかげで顧客の購買履歴や過去の情報の閲覧履歴を分析して、その顧客に最適な情報を提供しています」

「リコメンドアルゴリズム」「リコメンドエンジン」を駆使することで、自社の販売増加を図るのが、最近のIT業界の流れです。

ある商品を買った人は他にもどのような商品も買っているか、類似商品を表示する仕組みがインターネットの世界では、既に確立されています。

「リコメンドシステム」と呼ばれている仕組みで、効果を高めるためにIT企業は、システムの改善に注力を傾けています。

この「リコメンドシステム」は、オンラインインフラをベースにしている銀行や動画・音楽サイトなどでも導入されています。



「リコメンド(レコメンド)」の類語や類義語

「リコメンド(レコメンド)」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見て行くことにしましょう。

  • 「お勧め」【おすすめ】
  • 「イチ押し」【いちおし】

「お勧め」【おすすめ】

「お勧め」「リコメンド(レコメンド)」に近い意味を持つ言葉として使うことができます。

「自分が気に入った物事や情報を相手に強く伝えること」という意味になります。

「イチ押し」【いちおし】

「イチ押し」「リコメンド(レコメンド)」の類義語の1つとして歩かうことができるでしょう。

「数多くある中で最も推奨することやもの」「一番のお勧め」という意味になります。

icon まとめ

「リコメンド(レコメンド)」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、例文でも紹介したECサイトでは、様々な個人情報が蓄積されています。

そのデータベースの情報を分析して、最適な情報を相手に提供するビジネスモデルができ上っていることは驚きですが、これからますます新しいモデルが確立して行くことと思われます。