意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ライフワーク」の意味とは!ライフスタイルの違い!類語や例文など詳しく解釈

「ライフワーク」という表現は「世相を批評するエッセイを書くことが、私のライフワークになっていました」などの文章で使われますが、「ライフワーク」にはどのような意味があるのでしょうか?

「ライフワーク」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

ライフワーク

Meaning-Book
「ライフワーク」の意味とは!ライフスタイルの違い!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ライフワーク」の意味
  • 「ライフワーク」の表現の使い方
  • 「ライフワーク」を使った例文と意味を解釈
  • 「ライフワーク」の類語や類義語


「ライフワーク」の意味

「ライフワーク」という表現は、「自分の一生(生涯)をかけてする仕事」「人生を賭けて行うだけのその人にとっての意味がある仕事」のことを意味しています。

また「ライフワーク」という言葉には、「その個人の今までの仕事を代表するような作品」「長いキャリアを持つ人物の記念碑・足跡となるような業績・研究」といった意味合いもあります。

  • 「ライフワーク」の読み方

「ライフワーク」の読み方

「ライフワーク」の読み方は、「らいふわーく」になります。



「ライフワーク」の表現の使い方

「ライフワーク」の表現の使い方を紹介します。

「ライフワーク」の表現の使い方は、「その人物が自分の人生・一生をかけてする仕事や活動」のことを指し示して使うという使い方になります。

例えば、「自分にとってのライフワークを見つけられる人生は素晴らしいと思います」といった文章で、この言葉を使えます。

  • 「ライフスタイル」と「ライフワーク」の違い

「ライフスタイル」と「ライフワーク」の違い

「ライフワーク」とは、「自分の一生をかけて行うだけの意味がある仕事」「今までの仕事を代表するような業績」を意味しています。

それに対して、「ライフスタイル」という表現は「生活習慣・価値観・働き方・信念・宗教などを含めたその人の生き方」を意味しているという違いがあります。

「ライフスタイル」には、「ライフワーク」のような「人生をかけた意義のある仕事・記念碑的な事業」という意味合いはありません。

「ライフワーク」を使った例文と意味を解釈

「ライフワーク」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「ライフワーク」を使った例文1
  • 「ライフワーク」を使った例文2

「ライフワーク」を使った例文1

「人の心を揺さぶるような芸術作品を制作することが私のライフワークです」

この「ライフワーク」を使った例文は、「ライフワーク」の表現を、「私の生涯をかけた意義のある仕事です」の意味を持つ文章で使っています。

「ライフワーク」を使った例文2

「このモダンなデザインを採用した博物館の建物が、この建築家のライフワークといわれています」

この「ライフワーク」を使った例文は、「この建築家の仕事を代表する作品といわれています」という意味で、「ライフワーク」の表現を使っています。



「ライフワーク」の類語や類義語

「ライフワーク」の類語や類義語を紹介します。

  • 「畢生の事業」【ひっせいのじぎょう】
  • 「記念碑的な作品」【きねんひてきなさくひん】

「畢生の事業」【ひっせいのじぎょう】

「畢生の事業」という表現は、「生涯(人生)をかけて成し遂げた何かを作り出す仕事」を意味しています。

その意味合いから、「人生をかけたその人にとって価値がある仕事」を指す「ライフワーク」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「畢生の事業」という表現を指摘できます。

「記念碑的な作品」【きねんひてきなさくひん】

「ライフワーク」という言葉は、「その人物の今までの業績を代表する記念碑的な作品」の意味合いを持っています。

「記念碑的な作品」とは、「その人の今までの仕事を記念・代表するモニュメントのような作品」を意味しています。

これらの意味から、「ライフワーク」の類義語として「記念碑的な作品」を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「ライフワーク」の表現には、「その人の人生(生涯)をかけた仕事・今までの仕事を代表する作品や研究」などの意味があります。

「ライフワーク」の類語・類義語として、「畢生の事業」「記念碑的な作品」などがあります。

「ライフワーク」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。