意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ターニングポイント」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「ターニングポイント」という表現は「この成功が、彼の仕事のターニングポイントになりました」などの文章で使われますが、「ターニングポイント」はどんな意味を持っているのでしょうか?

「ターニングポイント」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

ターニングポイント

Meaning-Book
「ターニングポイント」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ターニングポイント」とは?意味
  • 「ターニングポイント」の表現の使い方
  • 「ターニングポイント」を使った例文と意味を解釈
  • 「ターニングポイント」の類語や類義語


「ターニングポイント」とは?意味

「ターニングポイント」という表現は、「人生・仕事・物事・人間関係のステージ(段階)が、新たな別のステージへと切り替わる転換点・契機(きっかけ)」を意味しています。

「ターニングポイント」というのは、「人生・仕事・物事が、今までの段階(状態)とは異なる新たな段階(状態)へと変わっていく転機・転換点」のことを意味している表現なのです。



「ターニングポイント」の表現の使い方

「ターニングポイント」の表現の使い方を紹介します。

「ターニングポイント」の表現の使い方は、「人生・仕事・関係性が、今までの段階(内容)とは異なる新たな段階(内容)へと変わっていく転換期」を指し示して使う使い方になります。

「ターニングポイント」という言葉は、「良い方向に変わる転機」にも「悪い方向に変わる転機」にも使われます。

例えば、「あの時のひどい骨折が、その後の成績が低迷するターニングポイントになりました」といった文章で使用できます。

「ターニングポイント」を使った例文と意味を解釈

「ターニングポイント」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「ターニングポイント」を使った例文1
  • 「ターニングポイント」を使った例文2

「ターニングポイント」を使った例文1

「公開したウェブサービスが大人気になったことが、その若い経営者のターニングポイントになりました」

この「ターニングポイント」を使った例文は、「ターニングポイント」という表現を、「その若い経営者の仕事が成功に向かう転換点になった」という意味を持つ文脈で使っています。

「ターニングポイント」を使った例文2

「私の人生のポジティブなターニングポイントは、信頼できる最愛の妻と知り合えたことでした」

この「ターニングポイント」を使った例文は、「私の人生が前向きに変わっていくことになった転機は」という意味合いで、「ターニングポイント」という表現を使用しています。



「ターニングポイント」の類語や類義語

「ターニングポイント」の類語や類義語を紹介します。

  • 「転換期」【てんかんき】
  • 「変わり目」【かわりめ】

「転換期」【てんかんき】

「ターニングポイント」の表現は、「人生や仕事、物事がある段階から別の段階へと変わっていく転換点・転換する時期」を意味しています。

「転換期」とは、「人生や物事が大きく変化して切り替わる時期」を意味する言葉です。

その意味合いから、「ターニングポイント」とよく似た類語として「転換期」を指摘できます。

「変わり目」【かわりめ】

「ターニングポイント」という表現は、「人生・物事が移り変わっていく転換期や変わり目」のことを意味しています。

「変わり目」というのは、「物事が変化する局面や時期」の意味合いを持つ表現です。

これらの意味から、「変わり目」という言葉を、「ターニングポイント」と類似の意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で紹介した「ターニングポイント」の表現には、「人生・仕事・人間関係のステージが、新たな別のステージへと変わっていく転換点・変わり目」などの意味があります。

「ターニングポイント」の類語・類義語として、「転換期」「変わり目」などがあります。

「ターニングポイント」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。