意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ワーママ」の意味とは?! 意味を解説

女性の社会進出が進み、出産後も働き続ける女性が増えたことで、「ワーママ」という表現がメディアやSNSでよく使われるようになっています。

この「ワーママ」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか?

「ワーママ」の意味と概要(ワーママが迷惑に思われる偏見と対処法)を分かりやすく説明していきます。

ワーママ

Meaning-Book
「ワーママ」の意味とは?! 意味を解説>


目次

  • 「ワーママ」の意味とは?
  • 「ワーママ」の概要:社会的偏見・ワーママが迷惑に思われる理由と対処法


「ワーママ」の意味とは?

「ワーママ」という表現は「ワーキングママ(ワーキングマザー)」を略したものであり、「働きながら子育てをしている母親(女性)」のことを意味しています。

「ワーママ」には「会社での仕事・家事・育児(子育て)のすべて」をほとんど一人でこなしていて、夫の協力がほとんど得られない母親もいます。

その場合には「心身の過度の疲労・ストレスによる精神疾患・会社で十分に働けない(時短労働のワーママが邪魔者扱いされることもある)」といった個人と社会・企業の問題が生じやすくなります。

「ワーママ」と同様にTwitterなどのSNSで使用頻度が増えているネットスラングとして、「シングルマザー」を略した「シンママ」という表現もあります。

「シンママ(離婚して女手一つで子育てしている母親)」である女性の多くは、「ワーママ(働きながら子育てしている女性)」でもあります。



「ワーママ」の概要:社会的偏見・ワーママが迷惑に思われる理由と対処法

「ワーママ」「主に会社(役所)で働きながら子育てをしている母親・女性」を意味していますが、「ワーママ」「育児の時間・小さな子供のお迎え・子供の心身のケア」などがあるので、どうしても「出産前と同じ仕事の量・労働時間」をこなすことは難しくなります。

そのため、「育児休暇から戻ってきたワーママは迷惑や負担になる」という社会的偏見が現在でも残っている会社や同僚が少なからず残っています。

「ワーママ」が迷惑に思われる理由としては、「時短労働で周囲の負担が重くなる(時短労働を当たり前と思っている)」「子供がいない人にまで子供・家族の話ばかりする」「結婚・出産・子供のための時短労働などに対して嫉妬・ねたみを感じる同僚もいる」などを考えることができます。

嫉妬や逆恨みはどうしようもないのですが、ワーママがスムーズに職場適応するための対処法のポイントとして、「謙虚な姿勢で他者に共感を持って働くこと」「相手の結婚・子供などの状況に配慮して話題を選ぶこと」「時短労働を支えてくれる周りの人達に感謝の気持ちを示すこと」などがあります。

icon まとめ

「ワーママ」という表現は、「働きながら子育てをしている母親」のことを意味しています。

この記事では「ワーママが迷惑に思われやすい理由とそれに対する対処法のポイント」についても、分かりやすく解説しています。

「ワーママ」というネットスラングについて調べたい時は、この記事を読んでみて下さい。