意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「テストランニング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「テストランニング」は、本稼動の前の確認作業として行うものです。

テストランニング

Meaning-Book
「テストランニング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「テストランニング」の意味とは?
  • 「テストランニング」の表現の使い方
  • 「テストランニング」を使った例文と意味を解釈
  • 「テストランニング」の類語や類義語


「テストランニング」の意味とは?

「テストランニング」とは、日本語で「試験運用」と言い換えることができる言葉で、本稼動ではないものの、それに近い形で行われるものです。

これによって、そのシステムやプログラムなどがきちんと動作するかが分かり、実際に稼動させてみないと分からない不具合の発見にも繋がります。

大型のシステムの新規運用や、大幅な入れ替えの前には必ずこれが行われると考えていいでしょう。



「テストランニング」の表現の使い方

「テストランニング」の表現の使い方を紹介します。

基本的には、これで特に問題がない場合には、そのまま本稼動ということになりますが、最初からそれは考えず、何かのデータを採るのが目的で行われることもあります。

例えば、どれだけ(決められた部分に)負荷が掛かるかというデータを採りたいと考えて行うようなケースがそれで、そのまま本稼動する気はなく、そのデータによる改良が目的て、その後に次の段階に進もうと考えているような場合です。

どちらとして使っても一緒の「テストランニング」となりますが、その後にどのようにするかはこの言葉だけでは分からないということです。

「テストランニング」を使った例文と意味を解釈

「テストランニング」を使った例文と、その意味の解釈です。

ちょっとしたプログラムに対しても使える言葉ですが、大袈裟になってしまう懸念があります。

  • 「テストランニング」を使った例文1
  • 「テストランニング」を使った例文2

「テストランニング」を使った例文1

「テストランニングの結果、多少の改良で正式リリースできそうだ」

テストランニングで大した問題も出なかったケースだと考えていいでしょう。

この場合には、その後の本稼動が目的の最終的なチェックとして行ったと判断できます。

「テストランニング」を使った例文2

「まずはフリーで公開してテストランニングすることにした」

個人で作成したソフトやプログラムに使っている例になりますが、前述のように多少大袈裟な使い方になる為、このような時には「評価してもらうことにした」などと言い換えるのがいいでしょう。



「テストランニング」の類語や類義語

「テストランニング」の類語や類義語を紹介します。

ゲームでは、この言葉が同じ意味でよく使われます。

  • 「βテスト」【べーたてすと】

「βテスト」【べーたてすと】

正式なリリース前に、評価してもらうことを目的として行われる公開テストのことです。

希望者を募って行う場合や、身内だけでこっそりと行う場合があります。

この結果や採ったアンケートが正式版に活かされると考えてください。

icon まとめ

「テストランニング」は、それなりの規模のシステムであれば、必ず行われるものです。

物によっては上のゲームのように公開で行われる場合もありますが、それなりに評価ができると判断された人が参加できる対象になります(これはゲームにおいても同じです)。