意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「なんか毎年雨降る時期あるよな」とは?!意味を解説

この「なんか毎年雨降る時期あるよな」は、2ちゃんねる内で何気に発言された特に(日本語として)おかしい部分もない言葉ですが、面白かったので広まってしまいました。

なんか毎年雨降る時期あるよな

Meaning-Book
「なんか毎年雨降る時期あるよな」とは?!意味を解説>


目次

  • 「なんか毎年雨降る時期あるよな」とは?
  • 「なんか毎年雨降る時期あるよな」の概要


「なんか毎年雨降る時期あるよな」とは?

「なんか毎年雨降る時期あるよな」とは、2ちゃんねるのなんj(なんでも実況ジュピター)掲示板で6月にそのような発言があったのに対し、「お前すごいな」などといった茶化すレスポンスが多く付いたことで有名になった言葉です。

その6月と言えば、梅雨の時期なので当たり前のことですが、それを知ってか知らずかそんな発言が飛び出して、レスポンス祭りになっていました。



「なんか毎年雨降る時期あるよな」の概要

2ちゃんねるのなんjは、言ってしまえば「チラシの裏にでも書いておけ」と言われるような発言ばかりです。

その為、ふざけたことを平気で(まるで本気のように)書く人も少なくなく、そのような1つだと考えられますが、シンプルさが受けてそれから6月には誰かしらが色々な所でボケとして使うようになってしまった言葉です。

icon まとめ

ネット上ではそれが本気で発言したものなのか(ボケではないのか)の区別が難しいことも多いです。

そして、例えどちらであっても、それが面白いと定番の言葉や表現として定着することもまた多いのがネットの世界です。