意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出過ぎた杭は打たれない」とは?! 顔文字も含め意味を解説

ビジネス書などで「出過ぎた杭は打たれない」という言葉が使われていることがあります。

一体どの様な意味か、概要などについて紹介します。

出過ぎた杭は打たれない

Meaning-Book
「出過ぎた杭は打たれない」とは?! 顔文字も含め意味を解説>


目次

  • 「出過ぎた杭は打たれない」とは?
  • 「出過ぎた杭は打たれない」の概要


「出過ぎた杭は打たれない」とは?

「出過ぎた杭は打たれない」は、「なにごとも突き抜けてしまえば反対する人もいなくなり、楽にできる様になる」という意味です。

元々「出る杭は打たれる」ということわざがあり、「人と違って目立つ人は周囲から叩かれることのたとえ」して使われています。

このことわざを更に深く解釈して、「中途半端に目立つのでは嫌われるが、人よりはるかに優れて突き抜けている人には誰も意見できない」という意味に捉えています。



「出過ぎた杭は打たれない」の概要

「出過ぎた杭は打たれない」由来と背景について紹介します。

  • 「出過ぎた杭は打たれない」の由来
  • 「出過ぎた杭は打たれない」の背景

「出過ぎた杭は打たれない」の由来

「出過ぎた杭は打たれない」は、日本経済界のトップリーダーであった「松下幸之助」氏の言葉を引用したものです。

正しくは「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は打たれない」であり、「世の中や社会を変える為には、出過ぎた杭になること」と述べています。

「出過ぎた杭は打たれない」の背景

「出過ぎた杭は打たれない」の背景には、調和や協調性ばかり大切にして向上心を持たない人達が増えたことがあります。

特に伝統やしきたりを重んじる日本人は、調和が保てない人には杭を叩くように打ちのめす気質があります。

人と足並みを揃えることで社風に合わせようとすると、どうしてもその先の「創造」「革新」につながりません。

松下氏はこの様な状況に対して「人類が発展してきた過程には、必ず『出過ぎた杭』となる人がいた筈である」と言っているのです。

icon まとめ

「出過ぎた杭は打たれない」「松下幸之助」氏の名言です。

向上心や想像性を持つ為に「出過ぎた杭」を目指すのも良いでしょう。