意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「レーベルメイト」とは?!意味を解説

音楽用語で「レーベルメイト」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、概要を初会します。

レーベルメイト

Meaning-Book
「レーベルメイト」とは?!意味を解説>


目次

  • 「レーベルメイト」とは?
  • 「レーベルメイト」の概要


「レーベルメイト」とは?

「レーベルメイト」とは、「同じCDの制作会社に所属している2組以上のアーティストのこと」という意味です。

ミュージシャンがCDを発売する為に所属している制作会社が同じである仲間同士、という意味で使います。



「レーベルメイト」の概要

「レーベルメイト」の語源と内容について紹介します。

  • 語源・由来
  • 「レーベル」とは

語源・由来

「レーベルメイト」の語源は英語の「labe mate」が日本語化した言葉で、「メイト」とは「仲間」のことで、直訳すると「レーベル仲間」、つまり「レコードやCDの制作会社が同じ同士」として使われます。

日本語のスラングとしての意味はないので覚えておくと便利です。

「レーベル」とは

「レーベルメイト」「レーベル」とは、CDを製造して販売してくれる会社のことです。

ミュージシャンがプロとして活動する時には、事務所(プロダクション)に所属してサポートして貰うことがほとんどです。

「レーベル」は事務所とは違い、CDを制作して発売する会社で、契約した「レーベル」を通さないと曲を発表できません。

最近では「レーベル」が事務所の様にマネジメントをしてくれることも増えています。

因みに「インディーズ」とは、日本レコード協会に加盟していない制作会社や事務所からCDを発表しているミュージシャンのことを言います。

きちんとプロとして活動しているので、決してアマチュアではありません。

「インディーズ」でも「レーベルメイト」が存在することもあります。

icon まとめ

「レーベルメイト」とは「同じCDの制作会社に所属している2組以上のアーティストのこと」という意味です。

プロのミュージシャンの人に使ってみましょう。