意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「著変なし」とは?読み方!概要!

この「著変なし」は、医療の業界で使われる用語の1つです。

著変なし

Meaning-Book
「著変なし」とは?読み方!概要!>


目次

  • 「著変なし」とは?
  • 「著変なし」と「特変なし」は同じ意味?


「著変なし」とは?

この「著変なし」は、医師や看護師が患者のカルテや診療記録に記載することがある言葉で、「著明な変化は見られない」という表現を略した表現になります。

つまり、これといった変わりはないという意味になり、「以前の状態と変わらない」という意味で使われています。

  • 「著変なし」の読み方

「著変なし」の読み方

「著変なし」は、「ちょへんなし」と読む言葉です。

あまり発音することはなく、記載の為の言葉だと考えていいでしょう。



「著変なし」と「特変なし」は同じ意味?

この「著変なし」の代わりに「特変なし」と使われることがあります。

意味としては同じですが、あまりよくない表現だと認識されており、それほど使われていません。

理由として、「特」という漢字がよくないからだと言われています(一見で「特」別な記載など思ってしまうことがある為です)。

icon まとめ

「著変なし」は、医療機関で前回の診察時と比較し、「これといった変化はない」(変わっていない)という意味になります。

その為、必ずしもいい意味で使っているとは限りません。