意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ラグジュアリーブランド」とは?!意味を解説

一言で「ブランド」と言っても、その中で色々な種類に分かれています。

ラグジュアリーブランド

Meaning-Book
「ラグジュアリーブランド」とは?!意味を解説>


目次

  • 「ラグジュアリーブランド」とは?
  • 「ラグジュアリーブランド」の概要


「ラグジュアリーブランド」とは?

「ラグジュアリーブランド」とは、ブランドと呼ばれる中でも最上位に属するそれに当たります。

この「ブランド」という言葉は意外と難しく、あの「ユニクロ」も立派なその1つです。

企業が何かの商品(やサービス)を発売、展開する際には、当然ですがそれに対して名前が付けられます。

その際に単体としての名称ではなく、シリーズ化したり、同じ企業の商品だと認識してもらう意図からこの「ブランド名」として付けることがあります。

例えば、花王という企業が発売している「マジックリン」という洗剤はシリーズになっており、脂汚れ用、ガラス用、お風呂場用などの種類があります。

それぞれにこの「マジックリン」がブランド名として付いており、「ガラスマジックリン」「バスマジックリン」のような名称で展開されているという具合です。



「ラグジュアリーブランド」の概要

ブランド名は、上のマジックリンのように社名とは別に付ける場合と、社名そのものがブランド名の場合があります。

「ラグジュアリーブランド」のほとんどは後者で、ファッションブランドの「ルイ・ヴィトン」「プラダ」、高級時計の「ロレックス」などの日本でも有名なものはそれ自体が企業名です。

それらのように、一般に「高級ブランド」と称されるブランド(名称)がこの「ラグジュアリーブランド」です。

これという基準がある訳ではありませんが、時計を例に挙げると、先のロレックスはそれでも、シチズンやセイコーはそうとは呼ばないのはすぐに分かるでしょう。

「ハイブランド」といった呼び方をされることもあり、そちらの方が一般によく見聞きするかも知れません。

icon まとめ

「ラグジュアリーブランド」の商品であっても、必ずしも自分にとっていい物であるとは限りません。

見栄えが(自慢できるという意味も合わせて)いいことが多いので人気になっていますが、そのような商品は「ブランドの名前」で本来の商品としての価値より高額になっていることが多い為、無理に購入するのは考えものです。