意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マイクロマネジメント」とは?!意味を解説

「マイクロマネジメント」とは、企業経営や職場(部下)のマネージメントの分野で使われる表現ですが、この表現はどのような意味を持っているのでしょうか?

「マイクロマネジメント」という表現の「意味・概要(弊害・対応策)」について、詳しく解説していきます。

マイクロマネジメント

Meaning-Book
「マイクロマネジメント」とは?!意味を解説>


目次

  • 「マイクロマネジメント」とは?
  • 「マイクロマネジメント」の概要


「マイクロマネジメント」とは?

「マイクロマネジメント」という表現は、「職場において、上司が部下の細々とした業務内容にまで指示を出して過剰に干渉したり管理したりすること」を意味しています。

「マイクロマネジメント」というのは、「上司(管理者)の部下(従業員)に対する過干渉」「上司が部下に一切の権限・裁量を認めずに細かい部分まで過剰管理すること」を意味する言葉なのです。

「マイクロマネジメント」を行うと、部下(従業員)が自発的に創意工夫を働かせることができなくなり、自主的に責任を持った仕事を効率的に行うことができなくなります。

そのため、「マイクロマネジメント」は一般的に、改善すべき問題行動やハラスメントの一種として、ネガティブに解釈されることも多くなっています。



「マイクロマネジメント」の概要

「マイクロマネジメント」というのは、上司が「部下の能力・スキル・実行力・責任感」などを信用していないことが原因で起こる「部下に対する過干渉・過剰管理の問題」です。

「マイクロマネジメント」を行うことによる弊害としては、まず「上司のノウハウ・やり方の押し付けによって、スムーズに仕事を行うことが困難になる」があります。

「マイクロマネジメント」する上司は、自分のやり方こそが一番正しくて効率的と信じていますが、実際には現場をよく知る部下のやり方のほうが効率的なことも多いのです。

「過剰に監視する上司との人間関係が悪くなる」「仕事に対するモチベーション・責任感が落ちる」「部下に裁量を与えないことで成長機会が奪われる」といった「マイクロマネジメント」の弊害も指摘できます。

「マイクロマネジメント」に対する対応策としては、「上司に対する報連相を徹底して信用を高めること」「上司のやり方も一部を取り入れて認めてもらうこと」「自分の能力・実績・責任感をアピールして、少しずつ上司に裁量を許してもらうこと」などを考えることができます。

icon まとめ

この記事で解説した「マイクロマネジメント」の表現には、「上司の部下に対するあまりに細かすぎる指示・過剰管理・過干渉」の意味があります。

「マイクロマネジメント」の弊害・対応策についても紹介していますので、「マイクロマネジメント」という言葉を詳しく調べたい時は、この記事を参考にして下さい。