意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「低コスト化」とは?! 意味を解説

この「低コスト化」は、ビジネスではとても大切になるキーワードの1つです。

低コスト化

Meaning-Book
「低コスト化」とは?! 意味を解説>


目次

  • 「低コスト化」とは?
  • 「低コスト化」の概要


「低コスト化」とは?

「低コスト化」とは、「できる限りコストを抑えること」だと解釈してください。

ビジネスでは一般的に、あらゆる部門においてこれが求められるもので、「何とか生産部門を低コスト化できないだろうか」のような使われ方になります。

「コスト」という表現には比較的広い解釈がありますが、ビジネスでは人件費に始まって、その為に必要な機器のリース代や購入費、それを使う為に掛かる費用(電気代など)までその対象になると考えていいでしょう。



「低コスト化」の概要

多くの企業で一番の「コスト」となっているのは、やはり人件費だと言っていいでしょう。

その為、この「低コスト化」を考えるとなると、まずその削減が第一に求められます。

それが難しいようであれば、次にできるだけ無駄な費用(コスト)を掛けないように機器やシステム回りの見直しが行われることになるでしょう。

会社全体や部門などが対象になる「低コスト化」は以上のような内容ですが、物が対象になる場合には、「できるだけ(その為の費用を掛けず)安く作ること」になります。

これにもやはり、人件費などの削減が求められるのは間違いありませんが、材質を落としたり、製造工程の簡略化でそれが行える場合も少なくありません。

特定の製品が対象で、特にその為の方法に指定がない場合には、そのようなことが先に対象になるものですが、そういった低コスト化は品質自体の低下を招くことにもなりがちなので注意が必要だと言えるでしょう。

いくら低コスト化に成功したとしても、品質が悪くなったことで売れ行きが落ちてしまったり、評判が悪くなってしまっては何もなりません。

icon まとめ

それまで通りの内容や品質を保ちながら低コスト化することは、至難の業と言えるかも知れません。

しかし、それも踏まえた上で色々な方法を考え、実践してみることが大切です。