意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ロスでは日常茶飯事だぜ」とは?!意味を解説・ネット用語

この「ロスでは日常茶飯事だぜ」は、ロサンゼルスが舞台のアメリカ映画を見てると、よく聞くことになるセリフです。

ロスでは日常茶飯事だぜ

Meaning-Book
「ロスでは日常茶飯事だぜ」とは?!意味を解説・ネット用語>


目次

  • 「ロスでは日常茶飯事だぜ」とは?
  • 「ロスでは日常茶飯事だぜ」の概要


「ロスでは日常茶飯事だぜ」とは?

「ロスでは日常茶飯事だぜ」とは、そのままロス(ロサンゼルス)ではいつもことだという意味で使う言葉で、主に前述のような映画の中で何かが起きた際に、「この程度では驚くようなことでもない」と普段からロスに住んでいる人物が使っています。

どのようなことが多いのかと言えば、主に犯罪行為で、使う人によっては殺人事件までこの言葉で表現されてしまいます。



「ロスでは日常茶飯事だぜ」の概要

実際にロスがそれほど物騒な場所という訳ではなく、あくまで映画の中の表現だと考えてください。

その為、一種の誇張表現に該当しますが、この言葉を応用して「○○では日常茶飯事だぜ」のように使うことができます。

例えば、地方から東京に出てきた人が東京ならではの何かに驚いた時に、「東京では日常茶飯事だぜ」などと用いることができますが、先のような映画の中でこそ格好が付く言葉なので、実際にはあまり使わない方がいいかもしれません。

icon まとめ

「ロスでは日常茶飯事だぜ」(及び、「ロス」を他の地域などに置き換えた言葉)は、映画の中だからこそ映える言葉だと考えておきましょう。