意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「役割を果たす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「役割を果たす」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

役割を果たす

Meaning-Book
「役割を果たす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「役割を果たす」の意味
  • 「役割を果たす」の表現の使い方
  • 「役割を果たす」を使った例文と意味を解釈
  • 「役割を果たす」の類語や類義語


「役割を果たす」の意味

「役割を果たす」の意味は以下の2つです。

1つ目は、「与えられた任務を最後までやり遂げること」という意味で、仕事やプライベートで何らかのやるべきことを任された時に、責任を持って終わらせることを言います。

2つ目は「本来持っている能力を発揮すること」という意味で、周囲から期待されてものごとを託された時に、 人やものが元々持っている能力や機能を働かせてやり終えることを言います。

  • 「役割を果たす」の読み方
  • 「役割を果たす」を分解して解釈

「役割を果たす」の読み方

「役割を果たす」の読み方は、「やくわりをはたす」になります。

特に難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「役割を果たす」を分解して解釈

「役割を果たす」「役割+を(助詞)+果たす」で成り立っています。

「役割」とは「割り当てられた役目」「その人の地位や能力に応じて期待される働き」という意味があります。

「果たす」「ものごとを成し遂げる」「立場上の責任を持って仕事をやり終える」「命を奪う」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり、「割り当てられた役目を成し遂げる」「その人の地位や能力に応じて期待される働きをしてやり終える」という意味で使われています。



「役割を果たす」の表現の使い方

「役割を果たす」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • ものごとが終わった時に使う

文法的な使い方

「役割を果たす」は動詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「役割を果たし」になります。

ものごとが終わった時に使う

「役割を果たす」はものごとが終った時に使う言葉です。

まだものごとが進行中の時には使われません。

「役割を果たす」を使った例文と意味を解釈

「役割を果たす」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「役割を果たす」を使った例文1
  • 「役割を果たす」を使った例文2

「役割を果たす」を使った例文1

「プレゼンでピンチヒッターの役割を果たした」

プレゼンで担当者が参加できなくなり、急きょスピーチをすることになったのですが、無事に終わらせたことを表しています。

「役割を果たす」を使った例文2

「これでピアノ奏者としての役割を果たした」

会社の余興でピアノ演奏が必要になり、経験者ということで選ばれてしまった人が本番で見事に期待に応えた様子を表しています。



「役割を果たす」の類語や類義語

「役割を果たす」の類語や類義語を紹介します。

  • 「使命を果たす」【しめいをはたす】
  • 「職務を全うする」【しょくむをまっとうする】

「使命を果たす」【しめいをはたす】

「与えられて責任を持ってやるべき命令を終えること」という意味です。

「職務を全うする」【しょくむをまっとうする】

「与えられた仕事を最後までやり遂げること」という意味です。

icon まとめ

「役割を果たす」「与えられた任務を最後までやり遂げること」「本来持っている能力を発揮すること」という意味があります。

ビジネスで自分の担当の仕事をやり終えた時に使いましょう。