意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「職務を全うする」とは?意味や使い方や例文!

「職務を全うする」という言葉の読み方や意味を紹介します。

また「職務を全うする」という言葉の使い方や、類語を紹介します。

さらに「職務を全うする」を使った例文や短文を紹介して行きます。

職務を全うする

Meaning-Book
「職務を全うする」とは?意味や使い方や例文!>


目次

  • 「職務を全うする」とは?
  • 「職務を全うする」という言葉の使い方
  • 「職務を全うする」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「職務を全うする」を使った例文や短文など


「職務を全うする」とは?

みなさんは、「職務を全うする」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「職務を全うするまで、死ぬ気で頑張る」などという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で「職務を全うする」という言葉を、まるで聞いたことがない人もいるでしょう。

そこで「職務を全うする」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「職務を全うする」の読み方
  • 「職務」の意味
  • 「全うする」の意味
  • 「職務を全うする」の意味

「職務を全うする」の読み方

「職務を全うする」「しょくむをまっとうする」と読みます。

「職務」「しょくむ」「全う」「まっとう」になります。

特に「全う」という言葉は読み方が難しいかもしれません。

このように「職務を全うする」「しょくむをまっとうする」と読みますので、これを機会に覚えておきましょう。

「職務」の意味

「職務」には、どのような意味があるでしょうか。

「職務」には、「その人が担当している仕事」という意味や、「役目」という意味があります。

例えば、警察官の「職務」には、警察官として市民の安全を守る、犯罪者を取り締まるなど、警察官ならではの仕事や役目があり、そのことを「警察官の職務」と言います。

「全うする」の意味

「全うする」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「全うする」には、「完全に終わらせる」という意味や、「完全にやり遂げる」という意味があります。

何かを始めた時に、中途半端にしてしまうこともありますが、きちんと最後までやり遂げて、終わらせることもあるでしょう。

「全うする」は、きちんと最後までやり遂げる、終わらせた場合に使います。

「職務を全うする」の意味

「職務を全うする」には、「その人が担当している仕事を、完全にやり遂げる」「担当している仕事を完全に終わらせる」「役目を終える」などの意味があります。

頼まれた仕事を成し遂げる時、与えられた仕事をやり終える時、「職務を全うする」と言います。

釈迦人生活を送られている人は、「職務を全うする」という言葉通りに、何かの仕事を終えたことがあるかもしれません。



「職務を全うする」という言葉の使い方

「職務を全うする」という言葉の使い方を紹介します。

「職務を全うする」には、与えられた仕事を完全に終えるという意味や、役目をやり遂げるという意味があります。

例えばビジネスシーンでは、「○○会社の正社員」「○○という仕事のアルバイト」など、与えられた役目や仕事があります。

このような役目や仕事を最後まで終える時、「職務を全うする」と言います。

例えば1か月の長期バイトという職務を得た時は、1か月バイトを勤め上げた時に、「職務を全うした」と言えます。

また定年まで会社の正社員として勤め上げた時も「職務を全うした」と言えるでしょう。

さらに目先の仕事やプロジェクトを、完全に終えた時も「職務を全うする」という言葉を使います。

このように、一時的な仕事や役目、社会人生活を通じて負った役目などをやり遂げた時に、「職務を全うする」という言葉を使います。

「職務を全うする」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「職務を全うする」という言葉の類語や、似た意味の言葉を紹介します。

「職務を全うする」と似た意味を持つ言葉を紹介して行きます。

  • 「成し遂げる」
  • 「役目を終える」
  • 「ミッションコンプリート」

「成し遂げる」

「成し遂げる」という言葉があります。

「成し遂げる」には「物事を最後までしとおすこと」という意味があります。

例えばダイエットをして10kg減量すると決め、本当に減量に成功した時、「ダイエットを成し遂げる」と言えます。

また「10年後に貯金1000万円を作る」と目標を立てて、10年間努力を続けて、貯金を1000万円作った時、最後まで目標に向かって努力を続け、「目標を成し遂げた」と言えます。

「役目を終える」

「役目を終える」という言葉もあります。

「役目を終える」には「与えられた役目を、済ませる」「役目が終わる」などの意味があります。

例えば、会社で「社長」という役目を持っていた人が退職する時、「社長という役目を終える」ことになります。

また子供が結婚して嫁いでいく時、子供を育てる役目を、親は終えるかもしれません。

このような時、「子供が結婚し、親はその役目を終える」などという表現ができるかもしれません。

「ミッションコンプリート」

「ミッションコンプリート」というカタカナ語があります。

まさに「職務を全うする」という言葉を、英語で表現したものです。

例えばシミュレーションゲームをしていると、ゲーム内で与えられた職務があり、その職務をクリアすると、「ミッションコンプリート」という表示が出ます。

「職務を全うする」とは何かを、簡単に知りたい時は、このようなゲームをしてみると分かりやすくなるかもしれません。



「職務を全うする」を使った例文や短文など

続いて「職務を全うする」という言葉を使った、例文や短文を紹介します。

「職務を全うする」の使い方のコツを、例文を通じて覚えましょう。

  • 「職務を全うする」を使った例文1
  • 「職務を全うする」を使った例文2

「職務を全うする」を使った例文1

「会社の経営状態は厳しいが、『職務を全うする』ために全力を尽くすと決めた」

この例文のような気持ちで、仕事を頑張っている人もいるでしょう。

勤務している会社の状態は、いつでも良いとは限らず、「転職したい」と考える時期もあるかもしれません。

そのような状況でも、与えられた任務を遂行しようと思う時、「職務を全うする」という言葉を使います。

「職務を全うする」を使った例文2

「みんなは偉い、すごいと言うが、私は『職務を全うした』までだ」

この例文のようなセリフは、ノーベル賞を受賞した博士などから聞けます。

会社で与えられた仕事をこなしている間に、世界的に評価されるような発明をしたり、事業を成し遂げる人がいます。

このように本人はすごいことをしようと思ったのではなく、「職務を全うする」気持ちで臨んだことが、大きな成果につながることがあります。

icon まとめ

「職務を全うする」という言葉についてみてきました。

ビジネスシーンで活躍する時、「職務を全うする」という言葉と出会うことになるかもしれません。

このような時に、すぐに意味が理解できるようになるよう、「職務を全うする」という言葉を理解しておきましょう。