意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「歩を進める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話や小説で「歩を進める」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

歩を進める

Meaning-Book
「歩を進める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「歩を進める」の意味
  • 「歩を進める」の表現の使い方
  • 「歩を進める」を使った例文と意味を解釈
  • 「歩を進める」の類語や類義語


「歩を進める」の意味

「歩を進める」の意味は以下の2つです。

1つ目は「歩いて行く」という意味で、基本的に行く方向を定めて着実に歩いて行くことを言います。

2つ目は「次の段階へ進む」という意味で、現在手掛けていることがひと段落して、その次の段階に行くことを言います。

目的達成まで長い道のりや経緯がある時に、少しずつクリアしながら着実に進んで行く時の表現です。

  • 「歩を進める」の読み方

「歩を進める」の読み方

「歩を進める」の読み方は、「ほをすすめる」になります。

「あゆみをすすめる」と読み間違わない様にしましょう。



「歩を進める」を分解して解釈

「歩を進める」「歩+を(助詞)+進める」で成り立っています。

「歩」「あゆみ」とも読み、「歩くこと」「ものごとが進んでいくこと」という意味があります。

「進める」は動詞「進む」の他動詞形で、「前の方向へ移動していく」「手順に従ってものごとをこなしていく」「ものごとの質を更に高める」「上位に移る」「刺激してうながす」「時計の針を先に動かす」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「歩いて前に行く」「手順に従いものごとをこなしていく」という意味で使われています。

「歩を進める」の表現の使い方

「歩を進める」の表現の使い方を紹介します。

  • 「歩を進める」を分解して解釈
  • 「歩を進める」の文法的な使い方
  • 「歩を進める」のビジネスでの使い方

「歩を進める」の文法的な使い方

「歩を進める」は動詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞形は「歩を進めて」なります。

「歩を進める」のビジネスでの使い方

ビジネスで「歩を進める」は、商品やサービスの開発や現商品の改善などをステップごとに行っていく時に使われます。

ビジネスは上層部の許可や承認が必要な為に一つの段階を経るまでに手間取ることが多く、「歩を進める」という表現がピッタリです。

「歩を進める」を使った例文と意味を解釈

「歩を進める」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「歩を進める」を使った例文1
  • 「歩を進める」を使った例文2

「歩を進める」を使った例文1

「まだ日が高いので、山奥まで更に歩を進めた」

山にトレッキングなどに来ていた人が、まだ日も高く時間があるのでもっと奥まで行ったことを表しています。

「歩を進める」を使った例文2

「計画が承認されてやっと歩を進められた」

プロジェクトの計画が上司に承認されたので、やっと次の段階に進めることを表しています。



「歩を進める」の類語や類義語

「歩を進める」の類語や類義語を紹介します。

  • 「前進する」【ぜんしんする】
  • 「足を延ばす」【あしをのばす】

「前進する」【ぜんしんする】

「前方へ向かって移動を続けること」という意味です。

「足を延ばす」【あしをのばす】

「いまいる場所よりも更に先の場所まで行くこと」という意味です。

icon まとめ

「歩を進める」「歩いて行く」「次の段階へ進む」という意味があります。

ビジネスで目標を達成させる為に少しずつ計画を進行させている時に使いましょう。