意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「やれやれ売り」とは?!意味を解説

この「やれやれ売り」は、それができることが嬉しいと思う反面、言葉のように「やれやれ」という心境で行われるものです。

やれやれ売り

Meaning-Book
「やれやれ売り」とは?!意味を解説>


目次

  • 「やれやれ売り」とは?
  • 「やれやれ売り」の概要


「やれやれ売り」とは?

「やれやれ売り」は相場取引において、手持ちの買いポジションの価値が購入時より下がってしまった為、そこまでは戻るように気長に待っていて、ようやく戻った時に「やれやれ」と思いながら手放す時に使われます。

つまり、相場が戻ってくるまでの心境が「やれやれ」という言葉に集約されている言葉で、とりあえずの(少なくとも損はしなかった)安堵感も存分に含まれている言葉だと考えてください。



「やれやれ売り」の概要

「やれやれ」とは言うものの、そこまで相場が戻ること自体は当然とても喜ばしく、全く利益にはならなかったとしても、それができて嬉しいと思うものです。

しかし、人間の欲にはきりがない為、この「やれやれ売り」をした直後によく「もう少し待っていれば、多少は利益が出たかも知れない」などと思ってしまうものですが、それは考えないに限ります。

icon まとめ

相場が下がってしまったポジションを「やれやれ売り」できたことは、相場の世界では勝ちに等しいと言われています。

しかし、そこまで長期間待っているのなら多少の損は覚悟でとっとと処分してしまい、その分で新たな投資対象につぎ込んだ方がいいという考え方もあるので難しいところです。