意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ティント」とは?!意味や概要

「ティント」という表現は「ティントを調整してください」「リップティントは人気のコスメ商品です」などの文章で使われますが、「ティント」にはどのような意味があるのでしょうか?

「ティント」という言葉の「意味・概要」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「ティント」とは?!意味や概要>


目次

  • 「ティント」とは?
  • 「ティント」の概要


「ティント」とは?

「ティント」という表現は元々は絵画用語であり、「色合い・色調・ぼかし・陰影」のことを意味しています。

「ティント」とは「他の色を加えて変化した色調」のことであり、一般に「薄い色合い・淡い色調」といった意味も持っています。

その意味から転じて、「ティント」には「髪の毛や唇などを染めることで色をつけるコスメティック(化粧品)」という意味合いもあります。

「ティント」という言葉は、「毛髪用染料・リップティント」といった意味も示唆しているのです。



「ティント」の概要

「ティント」という表現の元々の意味は「色合い・色調・淡い(薄い)色合い」であり、そこから「毛髪・唇などをさまざまな色に染める化粧品」の意味も生まれました。

現在では若者の韓国コスメブームの影響もあって、「ティント」というと唇に色をつける「リップティント・オイルティント」のことを意味することが多くなっています。

  • 「リップティント」と「口紅」の違い

「リップティント」と「口紅」の違い

「ティント」というコスメは「口紅(ルージュ)」とよく似ていますが、「ティント」「口紅」と比較すると「唇(リップ)に色をつける力が強くて落ちにくい」という違いがあります。

「口紅」「唇の表面に塗る化粧品」ですが、「ティント(リップティント)」というのは「唇の表面より深い角質層にまで浸透して着色する化粧品」としての特徴があります。

「ティント」は食べたり飲んだりしてもリップの色が落ちにくいという長所がありますが、唇が乾燥して荒れやすい短所もあるので唇の状態に少し注意して使いましょう。

icon まとめ

この記事で紹介した「ティント」の表現には、「色合い・薄い色調」「毛髪・唇などを染めるためのコスメティック(化粧品)」などの意味があります。

「ティント」「口紅」の違いについても説明していますので、「ティント」という言葉について詳しく調べたい時はこの記事を参考にして下さい。