意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「丸呑み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「丸呑み」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「丸呑み」という言葉を使った例文や、「丸呑み」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「丸呑み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「丸呑み」とは?意味
  • 「丸呑み」の表現の使い方
  • 「丸呑み」を使った例文や短文など
  • 「丸呑み」の類語や類義語・言い換え


「丸呑み」とは?意味

「丸呑み」には、「丸々飲み込む」という意味があります。

また「丸呑み」は、「そっくり受け入れること」を意味します。

  • 「丸呑み」の読み方

「丸呑み」の読み方

「丸呑み」の読み方は、「まるのみ」になります。



「丸呑み」の表現の使い方

「丸呑み」の表現の使い方を紹介します。

「丸呑み」は、「丸々飲み込む」を意味します。

例えば、歯が痛い時は、なるべく食べ物を噛みたくないと思うかもしれません。

また苦手な野菜をどうしても食べなければならない時、かまずにのみ込むかもしれません。

このような様子を「ピーマンを丸呑みする」などと、「丸呑み」という言葉を使って表現できます。

また「丸呑み」は、「そっくり受け入れること」を意味します。

例えば、友達がアイドルについて話す時、その言い分をそっくり受け入れて、同じように好きになる人がいるかもしれません。

このような様子は、「友達のアイドル論を丸呑みする」などと、「丸呑み」という言葉を使って表現できます。

「丸呑み」を使った例文や短文など

「丸呑み」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「丸呑み」を使った例文1
  • 「丸呑み」を使った例文2

「丸呑み」を使った例文1

「蛇がカエルを『丸呑み』する様子は、何度見ても怖い」

この例文は、蛇がカエルを、噛まずにそのままの形でのみ込む様子は、何度見ても怖いという文章になります。

このように「丸呑み」には、「かまないで、そのままの形でのみ込むこと」という意味があります。

蛇は自分の体より大きな生き物でも、「丸呑み」して、消化するのを待てる動物として知られています。

「丸呑み」を使った例文2

「相手の言い分を『丸呑み』にしていたら、世間は渡れない」

この例文は、相手の言い分をそっくり受け入れていたら、世の中で生きていけないという文章になります。

このように「丸呑み」は、「そっくり受け入れること」を意味します。

誰もが自分の利益になるような言い方をしたり、所属するグループの利益になるような主張をします。

そのため、全ての意見を「丸呑み」していたら、誰かのために生きることになるかもしれません。



「丸呑み」の類語や類義語・言い換え

「丸呑み」の類語や類似を紹介します。

  • 「鵜呑み」【うのみ】
  • 「受け売り」【うけうり】

「鵜呑み」【うのみ】

「鵜呑み」「他人の考えやアイデアを、あまり理解せずに受け入れること」を意味します。

「上司の言い分を鵜呑みにする」などという使い方をします。

「受け売り」【うけうり】

「受け売り」「他人の意見や考え方をそのまま自分の意見のように表現する」という意味があります。

「受け売りなのに、偉そうに話す」という文章は、「他人から聞いた知識や意見なのに、自分が思いついたように偉そうに話す」という意味になります。

「受け売りのセリフ」などという使い方をします。

icon まとめ

「丸呑み」という言葉について見てきました。

かまないで、そのままの形でのみ込むことや、何かをそっくり受け入れることを一言で言い表す時、「丸呑み」という言葉を使ってみましょう。