意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「タスクリスト」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「タスクリスト」は、やらなくてはならないことが多い時に作るものです。

Meaning-Book
「タスクリスト」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「タスクリスト」の意味とは?
  • 「タスクリスト」の表現の使い方
  • 「タスクリスト」を使った例文と意味を解釈
  • 「タスクリスト」の類語や類義語


「タスクリスト」の意味とは?

「タスクリスト」とは、これからやるべきことを羅列した表のことだと考えていいでしょう。

特にこれといった形式がある訳ではなく、各自自分の好きなような作成して構いません。

具体的にどのようなことをするのか細かく挙げていくと分かりやすく、例えば、ただ「メールする」だけでなく、「○○(社名)の△△氏にこの前の件についてメールする」のように、後で見た時に何のことだったか分からなくならないようにしておくのが基本です。



「タスクリスト」の表現の使い方

「タスクリスト」の表現の使い方を紹介します。

この「タスクリスト」は、自分の為だけでなく、チームなどの数人、団体向けに作ることもあります。

その場合には、自分に作る時以上に分かりやすくしないといけません。

また、それぞれの作業に対する工数も一緒に記載しておくと、掛かる時間や日数の目安としてだけでなく、その中でどの作業に力を入れるべきかということも分かります。

何より、このような表(リスト)を作成することで、何か忘れていないかという不安が無くなり、更にどれだけやることが残っているか分かるのがメリットになります。

言葉としては、「このプロジェクトのタスクリストはまだ作っていない?」などと用い、この場合はプロジェクトでやること一覧の表をまだ作っていないのかと聞いています。

「タスクリスト」を使った例文と意味を解釈

「タスクリスト」を使った例文と、その意味の解釈です。

自分用であれば、それほど綺麗に作る必要はありませんが、書いてあることが後から見て分からないようでは意味がありません。

  • 「タスクリスト」を使った例文1
  • 「タスクリスト」を使った例文2

「タスクリスト」を使った例文1

「ざっとしたタスクリストを作ったが、乱雑過ぎて自分でも分からない所がある」

それでは折角タスクリストを作った意味がありません。

速記した時に後から読んで、何を書いたか分からないということがままありますが、それと同じように、作った本人にも分からないようでは困ったものです。

「タスクリスト」を使った例文2

「ここまでタスクリスト通りに進めてきたが、1つ抜けていたことを思い出した」

タスクリストはあくまでやることの「予定表」なので、後から抜けていたと思い出したことがあれば、どこかに追加するなどして対応すれば問題ありません。



「タスクリスト」の類語や類義語

「タスクリスト」の類語や類義語を紹介します。

最近ではこちらの言い方の方がメジャーになりつつあります。

  • 「TO DOリスト」【とぅどぅりすと】

「TO DOリスト」【とぅどぅりすと】

「タスクリスト」と同じく、「やることリスト」と言い換えることができる言葉です。

若いビジネスマンは「タスクリスト」より、こちらの方を好んで使っていることが多いです。

icon まとめ

タスクリストは、やることがいくつもある日、そのような週、またはプロジェクトなどの長くなる一連の仕事の前に作成するものです。

これがあると、少なくともやるべきことを忘れてしまうというミスは無くなると考えていいでしょう。