意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マネーリテラシー」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「マネーリテラシー」は、あるに越したことはありませんが、間違った知識は怪我の元になるので注意も必要です。

Meaning-Book
「マネーリテラシー」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「マネーリテラシー」の意味とは?
  • 「マネーリテラシー」の表現の使い方
  • 「マネーリテラシー」を使った例文と意味を解釈
  • 「マネーリテラシー」の類語や類義語


「マネーリテラシー」の意味とは?

「マネーリテラシー」とは、お金を活用する為の知識、及び能力のことだと解釈してください。

これがあると言われる人は、うまくお金を活用して増やすようなことができると考えていいでしょう。

ただし、この「マネーリテラシー」に正解というものはありません。

今はうまくいっている(それによってお金が増えている)方法でも、時代と共にそれが間違いになるような場合も少なくない為、常にその時勢に合ったものが求められます。



「マネーリテラシー」の表現の使い方

「マネーリテラシー」の表現の使い方を紹介します。

ネット上で「あなたのこれをチェック」などという診断が流行っていますが、それもあくまで現在の世の中に適合する事例なので、絶対的な診断ではないと考えてください。

また、中にはいい加減なそのようなものもあるので、注意しないといけません。

尚、この言葉は投資や運用に対してだけでなく、節約に繋がる解釈にも用いられます。

先のようなチェックでも、無駄遣いに関するものも多く存在し、それを無くすことも立派な「マネーリテラシー」の1つです。

「マネーリテラシー」を使った例文と意味を解釈

「マネーリテラシー」を使った例文と、その意味の解釈です。

お金をうまく遣うことはもちろんとても大切だと言えますが、こればかりに拘るにも考えものです。

  • 「マネーリテラシー」を使った例文1
  • 「マネーリテラシー」を使った例文2

「マネーリテラシー」を使った例文1

「マネーリテラシーに長けた人に運用をお願いしている」

お金の運用をこのマネーリテラシーにとても詳しい人に任せていると言っています。

そのような専門の会社も多いですが、それほどの期待は禁物です。

投資や運用は、貯蓄とは違って確実なものではありません。

「マネーリテラシー」を使った例文2

「彼ほどマネーリテラシーに疎い人間も居ないだろう」

無駄遣いが激しかったり、安いものを探す能力がないと言っているのと同じです。

同じものであれば、少しでも安く買うといったこともマネーリテラシーの1つです。



「マネーリテラシー」の類語や類義語

「マネーリテラシー」の類語や類義語を紹介します。

こちらは金融関係のみに用いる言葉です。

  • 「金融工学」【きんゆうこうがく】

「金融工学」【きんゆうこうがく】

マネーリテラシーの中で、節約などの意味を含まず、投資や運用などに特化した意味で使います。

これを専門に教える学部もあるほどで、知識や能力というだけでなく、立派な学問の1つでもあります。

icon まとめ

「マネーリテラシー」は、広い意味での「お金のうまい遣い方」のことだと解釈していいでしょう。

増やすことに関してだけ言うのであれば、上の「金融工学」(または、金融学)の方が適していますが、そのような堅い言い方が向かない場合にはそれも「マネーリテラシー」と表現して構いません。