意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「胆力」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「胆力」という表現は「胆力のある男性は社会的に成功しやすいとされます」「胆力を鍛えています」などの文章で使われますが、「胆力」にはどのような意味があるのでしょうか?

「胆力」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「胆力」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「胆力」の意味
  • 「胆力」の表現の使い方
  • 「胆力」を使った例文と意味を解釈
  • 「胆力」の類語や類義語


「胆力」の意味

「胆力」という表現は、「困難な物事・相手に対しても、恐れたりしりごみしたりすることがない精神力の強さ、肝っ玉の太さ」を意味しています。

「胆力」というのは、「物事・脅威などに際して動揺することのない気力・根性」のことを意味している表現なのです。

  • 「胆力」の読み方

「胆力」の読み方

「胆力」の読み方は、「たんりょく」になります。



「胆力」の表現の使い方

「胆力」の表現の使い方を紹介します。

「胆力」の表現の使い方は、「困難な物事や強敵に対しても、恐れたり逃げたりすることのない精神力、動じることのない気力」を指し示して使うという使い方になります。

例えば、「彼は複数の暴漢に襲われても簡単にはひるまないだけの胆力を見せつけました」といった文章で、「胆力」の表現を使用できます。

「胆力」を使った例文と意味を解釈

「胆力」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「胆力」を使った例文1
  • 「胆力」を使った例文2

「胆力」を使った例文1

「どんな困難な事態においてもパニックにならず冷静沈着に対処するためには、胆力を鍛えなければいけません」

この「胆力」を使った例文は、「物事・危険に対峙した時に、動じずひるまない精神力を鍛えなければいけない」という意味を持つ文脈で、「胆力」という表現を使っています。

「胆力」を使った例文2

「難しい仕事を任されて、自分の胆力を試されるような試練の時が訪れました」

この「胆力」を使った例文は、「胆力」という表現を、「物事を恐れずしりごみしない自分の精神力・度胸が試されるような試練の時」という意味合いで使用しています。



「胆力」の類語や類義語

「胆力」の類語や類義語を紹介します。

  • 「度胸」【どきょう】
  • 「肝っ玉」【きもったま】

「度胸」【どきょう】

「度胸」という表現は、「物事に際して動じたり恐れたりすることがない心」「困難・強敵に対しても恐れたり気後れして逃げたりすることがない精神力の強さ」を意味しています。

その意味合いから、物事に恐怖したりひるんだりしない精神力を示す「胆力」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「度胸」という表現を上げることができます。

「肝っ玉」【きもったま】

「肝っ玉」という言葉は、「物事・脅威に対して恐れたりしりごみしたりすることがない精神力や度胸」のことを意味しています。

「胆力」というのは、「物事・危険に対して動揺したり恐怖したりすることがない精神力の強さ」を意味する言葉です。

この意味から、「肝っ玉」の表現を、「胆力」と近しい類似の意味を持つ類義語として紹介することができます。

icon まとめ

この記事で説明した「胆力」の表現には、「困難な事態・強い相手に対しても、恐れたりしりごみしたりすることがない精神力の強さ」「物事に動じない肝っ玉の太さ」などの意味があります。

「胆力」の類語・類義語として、「度胸」「肝っ玉」などがあります。

「胆力」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。