意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「純朴」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「純朴」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「純朴」という言葉を使った例文や、「純朴」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「純朴」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「純朴」とは?意味
  • 「純朴」の表現の使い方
  • 「純朴」を使った例文や短文など
  • 「純朴」の類語や類義語・言い換え


「純朴」とは?意味

「純朴」には、「心が純粋で自然体なこと」という意味があります。

  • 「純朴」の読み方

「純朴」の読み方

「純朴」の読み方は、「じゅんぼく」になります。



「純朴」の表現の使い方

「純朴」の表現の使い方を紹介します。

「純朴」は、「心が純粋で自然体なこと」を意味します。

そこで、素直で飾り気がない様子の人を見た時などに、「純朴」という言葉を使ってみましょう。

例えば、同じ職場に新入社員が入ってきた時、化粧気がない若い女性が混じっていることに気付くかもしれません。

また自分のことを大げさに表現したり、大きく見せたりしない若い男性がいることに気付くかもしれません。

このような男女は、素直で飾り気がないと思えるため、「純朴な新人が配属された」などと、「純朴」という言葉を使ってみましょう。

「純朴」を使った例文や短文など

「純朴」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「純朴」を使った例文1
  • 「純朴」を使った例文2

「純朴」を使った例文1

「田舎に行くと、『純朴』な子供がたくさんいる」

この例文は、田舎に行くと、心が純粋で自然体な子供がたくさんいるという文章になります。

このように「純朴」には、「心が純粋で自然体なこと」という意味があります。

田舎の子供は、都会の子供ほど、たくさんの刺激を受けていないため、こすれておらず「純朴」と呼びたくなるような子供がたくさんいるかもしれません。

「純朴」を使った例文2

「『純朴』な女性と話をすると、心が洗われるような気がする」

この例文は、心が純粋で自然体な女性と話していると、心が美しくなるような気がするという文章になります。

普段、自分を良く見せようと必死な女性とばかり話している人は、気疲れしているかもしれません。

そのような時「純朴」な女性と話すと、ほっこりするかもしれません。



「純朴」の類語や類義語・言い換え

「純朴」の類語や類似を紹介します。

  • 「清純」【せいじゅん】
  • 「朴訥」【ぼくとつ】

「清純」【せいじゅん】

「清純」「清らかで純粋なこと」を意味します。

「清純な少女」は、「清らかで純粋な女の子」という意味があります。

「清純派のアイドル」などという使い方をします。

「朴訥」【ぼくとつ】

「朴訥」「飾り気がなく、さらに寡黙なこと」という意味があります。

「朴訥な青年」「着飾ったりせず、さらに寡黙な青年」という意味になります。

「朴訥な人」「朴訥な様子」などという使い方をします。

icon まとめ

「純朴」という言葉について見てきました。

心が純粋で自然体な人を見た時などに、「純朴」という言葉を使ってみましょう。