意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「清純」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「清純」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「清純」という言葉を使った例文や、「清純」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「清純」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「清純」とは?意味
  • 「清純」の表現の使い方
  • 「清純」を使った例文や短文など
  • 「清純」の類語や類義語・言い換え


「清純」とは?意味

「清純」には、「清らかで素直なこと」「世の中のけがれを知らないこと」という意味があります。

  • 「清純」の読み方

「清純」の読み方

「清純」の読み方は、「せいじゅん」になります。



「清純」の表現の使い方

「清純」の表現の使い方を紹介します。

「清純」は、「清らかで素直なこと」「世の中のけがれを知らないこと」を意味します。

そこで、清らかで素直な様子の人を見た時、または世の中のけがれを知らない様子の人を見た時などに、「清純」という言葉を使ってみましょう。

例えば、田舎で暮らし始めた人が、都会の人と、田舎の人の違いに気付くとします。

都会の人に比べて、清らかで素直な人が多いと感じるかもしれません。

このような時、「田舎の人は、都会の人に比べて、清純だ」などと、「清純」という言葉を使ってみましょう。

「清純」を使った例文や短文など

「清純」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「清純」を使った例文1
  • 「清純」を使った例文2

「清純」を使った例文1

「『清純』な女性と付き合うと、丁寧に扱わないと、というプレッシャーがある」

この例文は、清らかで素直な女性と付き合うことになった時、丁寧に扱わないといけないという重圧を感じるという文章になります。

このように「清純」には、「清らかで素直なこと」「世の中のけがれを知らないこと」という意味があります。

清らかで素直な人は、自分の言うことをそのまま受け取ってしまうかもしれないため、いい加減なことは言えないためです。

「清純」を使った例文2

「『清純』な人と触れ合うと、自分も清らかになった気がする」

この例文は、心が清らかな人と触れ合うと、自分の心まで清らかな気持ちになるという文章になります。

人と人は、面と向かうと様々な影響を受けるため、「清純」な人の影響を受けて、少しだけ「清純」になれるかもしれません。



「清純」の類語や類義語・言い換え

「清純」の類語や類似を紹介します。

  • 「純朴」【じゅんぼく】
  • 「清楚」【せいそ】

「純朴」【じゅんぼく】

「純朴」「素直で飾り気がない様子」を意味します。

「純朴な人柄」という言葉には、「素直で飾り気がない人柄」という意味があります。

「純朴な若者」などという使い方をします。

「清楚」【せいそ】

「清楚」「清らかですっきりした様子」を意味します。

「清楚な女性」「清らかですっきりした女性」という意味があります。

「清楚な身だしなみ」などという使い方をします。

icon まとめ

「清純」という言葉について見てきました。

清らかで素直な人を見た時、また世の中のけがれを知らない人と接した時などに、「清純」という言葉を使ってみましょう。