意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鳥瞰」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「鳥瞰」という表現は「事件を鳥瞰すると今まで見えなかった状況が見えてきました」などの文章で使われますが、「鳥瞰」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?

「鳥瞰」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「鳥瞰」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「鳥瞰」の意味
  • 「鳥瞰」の表現の使い方
  • 「鳥瞰」を使った例文と意味を解釈
  • 「鳥瞰」の類語や類義語


「鳥瞰」の意味

「鳥瞰」という表現の元々の意味は、「鳥が空から下界を見おろすように、高い場所から広い範囲を見おろすこと」になります。

その意味から転じて、「鳥瞰」という表現には「物事・問題の全体を広く見渡すこと」という意味合いもあります。

  • 「鳥瞰」の読み方

「鳥瞰」の読み方

「鳥瞰」の読み方は、「ちょうかん」になります。



「鳥瞰」の表現の使い方

「鳥瞰」の表現の使い方を紹介します。

「鳥瞰」の表現の使い方は、「鳥のように高所から広い範囲を見下ろす場合」に使う使い方になります。

あるいは、「物事・状況の全体像を大きく見渡す時」に、「鳥瞰」という言葉が使われます。

例えば、「複雑な人間関係も鳥瞰することによって、それぞれの関係の本質が掴めます」「東京スカイツリーから東京の街並みや大勢の人々を鳥瞰しました」といった文章で使用することができます。

「鳥瞰」を使った例文と意味を解釈

「鳥瞰」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「鳥瞰」を使った例文1
  • 「鳥瞰」を使った例文2

「鳥瞰」を使った例文1

「日本最高峰である富士山の頂上から鳥瞰する周囲・下界の眺めは、ただ壮観という他はありません」

この「鳥瞰」を使った例文は、「鳥瞰」という表現を、「日本最高峰である富士山の頂上から見下ろす周囲と下界の眺めは」という意味合いで使用しています。

「鳥瞰」を使った例文2

「株式投資をする時は、その会社のチャートと経営状況を冷静に鳥瞰することによって利益を上げやすくなるのです」

この「鳥瞰」を使った例文は、「その会社のチャートと経営状況の全体を落ち着いて広く見渡すことによって」という意味を持つ文脈で、「鳥瞰」の表現を使っています。



「鳥瞰」の類語や類義語

「鳥瞰」の類語や類義語を紹介します。

  • 「俯瞰」【ふかん】
  • 「見下ろす」【みおろす】

「俯瞰」【ふかん】

「俯瞰」という表現は、「高い所から見下ろして眺めること」「より広い範囲を客観的に見渡すこと」を意味しています。

その意味から、高い所から全体像や広範囲を見渡すことを示す「鳥瞰」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「俯瞰」という表現を上げることができます。

「見下ろす」【みおろす】

「鳥瞰」という表現は、「鳥が空から下界を見下ろすように、高い場所からより広い範囲を客観的に見下ろすこと」を意味しています。

この意味合いから、「見下ろす」という表現を、「鳥瞰」と近しい類似の意味を持つ類義語として解釈することが可能なのです。

icon まとめ

この記事で説明した「鳥瞰」の表現には、「鳥のように高い場所から広い範囲を見下ろすこと」「(視野を広げて客観的に)物事・状況の全体像を大きく見渡すこと」などの意味があります。

「鳥瞰」の類語・類義語として、「俯瞰」「見下ろす」などがあります。

「鳥瞰」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。