意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「テキパキ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは色々な場面で「テキパキ」という言葉を耳にしたり、使っていたりしたことがあるかと思います。

この言葉は、少しも古い語感のある言葉ですが、結構色々なケースで使われています。

そこで今回は、この「テキパキ」にフォーカスしていくことにします。

Meaning-Book
「テキパキ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「テキパキ」とは?意味
  • 「テキパキ」の表現の使い方
  • 「テキパキ」を使った例文と意味を解釈
  • 「テキパキ」の類語や類義語


「テキパキ」とは?意味

「テキパキ」とは、「処理や対応がはっきりしており、歯切れのよいさま」「適度にスピーディで段取りがいい」という意味合いを表現した言葉となります。



「テキパキ」の表現の使い方

では、「テキパキ」の表現の使い方を紹介します。

「テキパキ」は、「歯切れよく物事をスムーズに処理していく」という意味がありますので、ごちゃごちゃとしたことをサクサクと片付けていったり、面倒なことでも問題なくスピーディーに処理していく時に使われることになります。

「テキパキと片付ける」「受け答えがテキパキとしている」といったような使い方ができます。

「テキパキ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「テキパキ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「テキパキ」を使った例文1
  • 「テキパキ」を使った例文2

「テキパキ」を使った例文1

「彼はあんなに混乱した状況でも、テキパキと命令を出して、部下を動かして作業を終えた」

物事の状況が混乱している時ほど、このように「テキパキ」と一握り指示を出して動かすことができる人は、仕事の進め方が上手なだけでなく、強いリーダーシップを持っている人と言えるでしょう。

しかも、多くの部下に信頼されています。

「テキパキ」を使った例文2

「すばやくテキパキとしている田中選手は、どんなボールでも、簡単にさばいて、走者をアウトにしてしまう」

これは野球選手で、守備中の選手のことを指しているようです。

変化の厳しい打球や癖のあるボールを「テキパキ」とさばいて、走者をいとも簡単にアウトにしてしまうのです。



「テキパキ」の類語や類義語

「テキパキ」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのようなものがあるかを見ていくことにします。

  • 「やることが速い」【やることがはやい】
  • 「仕事が速い」【しごとがはやい】

「やることが速い」【やることがはやい】

「やることが速い」「テキパキ」の類義語として挙げることができます。

「作業や行動が素早いさま」という意味がありますが、「アイツはやることが速いので、多くの仕事が集まってくる」というような使い方をしています。

「仕事が速い」【しごとがはやい】

「仕事が速い」「テキパキ」と似た意味を持つ言葉の1つです。

「行動や仕事が迅速で無駄がないさま」という解釈になりますが、特に「仕事の処理能力の高さ」をこの言葉で言い表しています。

icon まとめ

「テキパキ」という言葉の意味や使い方を見てきました。

ビジネスマンの中で、この言葉が当てはまる人は、「仕事ができる人」というイメージがあります。

それは単なる「仕事のスピードが速い」だけでなく、段取りや後のフォローまで完璧にこなせる人になってきます。

しかし、「テキパキ」とできるためには、センスも必要ですが、経験も求められてきます。