意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ディスカッション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日本語には色々な言葉がありますが、その中にカタカナ語というジャンルも数多く存在しています。

語源は英語などの外国語から来ているのですが、その中でも「ディスカッション」という言葉をよく耳にすることがあります。

そこで今回は、この「ディスカッション」にフォーカスして見ていくにします。

Meaning-Book
「ディスカッション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ディスカッション」とは?意味
  • 「ディスカッション」の表現の使い方
  • 「ディスカッション」を使った例文と意味を解釈
  • 「ディスカッション」の類語や類義語


「ディスカッション」とは?意味

「ディスカッション」とは、英語の“discussion”から来ており、「討論」「討議」という意味を持つ言葉として使われています。



「ディスカッション」の表現の使い方

「ディスカッション」「討議」という意味がありますが、特に「情報の交換や共有化」「アイデアや知恵を出し合うこと」、あるいは「ある問題を解決するためにみんなで協議する」いったような場面でも使われることがあります。

「ディスカッション」は、問題を解決する時にグループで話し合うという考え方を持っているのですが、最近の日本のビジネスの世界でもこの手法が根付いて来ています。

「ディスカッション」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「ディスカッション」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「ディスカッション」を使った例文1
  • 「ディスカッション」を使った例文2

「ディスカッション」を使った例文1

「ディスカッションを重ねていったことで、悩ましいトラブルの解決策を見出だすことができた」

ビジネスの世界では、様々な課題や問題が降りかかってくることが少なくありません。

そのトラブルを何とか解決しようと努力するのですが、1人ではクリアにすることが難しいものです。

そのような時こそ、仲間と「ディスカッション」して、解決策を見出だすことができるのです。

「ディスカッション」を使った例文2

「元々、日本人はディスカッションをする習慣が少なかったので、積極的な意見を言うことが少なかった」

日本では「阿吽の呼吸」「以心伝心」というような習慣がありました。

しかし、今では「情報の共有化」「ディスカッション」というカルチャーが浸透してきたように思えます。

その結果、例文に見るようなケースもかなり少なくなってきています。



「ディスカッション」の類語や類義語

「ディスカッション」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「話し合う」【はなしあう】
  • 「論議」【とうぎ】

「話し合う」【はなしあう】

「話し合う」という言葉が「ディスカッション」の類義語として扱うことができます。

「何かのテーマについて他と話を重ねること」という意味で使われています。

「論議」【とうぎ】

「討議」「ディスカッション」の類義語となります。

「ある話題について考えを交換し合う」という意味で解釈することができます。

icon まとめ

カタカナ語が浸透してきたビジネス業界でも、よく「ディスカッション」が使われるようになりました。

それだけビジネススタイルに大きな変化が出てきたということですが、この言葉の意義や効果をよく理解して使えるようにしておきましょう。