意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「涙を誘う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「涙を誘う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「涙を誘う」という言葉を使った例文や、「涙を誘う」の類語を紹介して行きます。

涙を誘う

Meaning-Book
「涙を誘う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「涙を誘う」とは?意味
  • 「涙を誘う」の表現の使い方
  • 「涙を誘う」を使った例文や短文など
  • 「涙を誘う」の類語や類義語・言い換え


「涙を誘う」とは?意味

「涙を誘う」には、「同情や感動で、おもわず涙を流しそうになること」という意味があります。

  • 「涙を誘う」の読み方

「涙を誘う」の読み方

「涙を誘う」の読み方は、「なみだをさそう」になります。



「涙を誘う」の表現の使い方

「涙を誘う」の表現の使い方を紹介します。

「涙を誘う」には、「同情や感動で、おもわず涙を流しそうになること」という意味があります。

そこで、同情や感動で涙を流させる様子を見た時、「涙を誘う」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ドラマを見ていると、子役が大人をしのぐような演技を見せることがあります。

本当に悲しくて泣いているようにしか見えない演技は、視聴者の同情や感動を呼ぶため、涙を流させるかもしれません。

このような子役の演技は、「子役が涙を誘う演技をする」などと、「涙を誘う」という言葉を使って表現できます。

「涙を誘う」を使った例文や短文など

「涙を誘う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「涙を誘う」を使った例文1
  • 「涙を誘う」を使った例文2

「涙を誘う」を使った例文1

「ある人の優しい行為が、周囲の人の『涙を誘う』」

この例文は、ある人がとても優しい行為をしたため、周囲にいる人が感動して涙を流しそうになったという場面になります。

このように「涙を誘う」には、「同情や感動で、おもわず涙を流しそうになること」という意味があります。

例えば外国人観光客が、ボランティア活動をしている様子を見た時、その優しさが「涙を誘う」かもしれません。

「涙を誘う」を使った例文2

「苦しい環境でも懸命に生きる人の姿が、『涙を誘う』」

この例文は、苦しい環境でも懸命に生きている人の姿に同情したり感動したりし、涙を流してしまうという文章になります。

自分なら耐えられそうにない環境で、笑顔を絶やさず生きられる人を見ると、感動し、涙が出てしまうかもしれません。



「涙を誘う」の類語や類義語・言い換え

「涙を誘う」の類語や類似を紹介します。

  • 「同情を買う」【どうじょうをかう】
  • 「お涙頂戴」【おなみだちょうだい】

「同情を買う」【どうじょうをかう】

「同情を買う」は、「その人の身の上を思い、自分のように思い、いたわるような状態を呼ぶこと」を意味します。

「同情を買う、可哀相な話」などという使い方をします。

「お涙頂戴」【おなみだちょうだい】

「お涙頂戴」「いかにも見るものの、涙を誘おうとしている様子」という意味があります。

「お涙頂戴の作品」「いかにも見るものの、涙を誘おうとしているような作品」という意味になります。

icon まとめ

「涙を誘う」という言葉について見てきました。

同情や感動で、涙を流させることについて話す時、「涙を誘う」という言葉を使ってみましょう。