意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「念入り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「念入り」という言葉を使うことがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

念入り

Meaning-Book
「念入り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「念入り」の意味
  • 「念入り」の表現の使い方
  • 「念入り」を使った例文と意味を解釈
  • 「念入り」の類語や類義語


「念入り」の意味

「念入り」の意味は、「ものごとの細かい点にまで注意しながら作業をすること」です。

数をこなせばいいのではなく、ひとつの品質が重要になる場合には、普段よりも集中して丁寧に作業を行う必要があります。

それで十分か、落ち度はないかなど、細かい点まで気配りをしながらものごとを進めていく時の表現です。

  • 「念入り」の読み方
  • 「念入り」の言葉の成り立ち

「念入り」の読み方

「念入り」の読み方は、「ねんいり」になります。

「難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「念入り」の言葉の成り立ち

「念入り」「念」「思い・気持ち」「心配り」「ずっと望んでいたこと」「仏教語で心の動き」という意味があります。

「入り」は、「外からある環境の中に入ること」「あるものが中に入っている様子」「太陽が沈むこと」「収入」「始まりの部分」などの意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「思いや気持ちが込められている様子」として使われる様になりました。



「念入り」の表現の使い方

「念入り」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「念入り」と「入念」の違い

文法的な使い方

「念入り」は名詞ですので、文末に使う時には動詞を伴って「念入りにする」「念入りに行う」になったり、形容動詞として「念入りだ・である」と使います。

副詞形として使う時には「念入りに」で、形容詞として使う時には「念入りな〇〇」になります。

「念入り」と「入念」の違い

「念入り」と似た言葉に「入念」があります。

ネットで検索すると、「念入り」の意味には「入念」「入念」の意味には「念入り」と記載されています。

つまり、この2つの言葉は同じ意味ということです。

違いとして挙げられるのは、「念入り」は話し言葉として使われることが多く、「入念」は文章に使われることが多いという点です。

「念入り」を使った例文と意味を解釈

「念入り」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「念入り」を使った例文1
  • 「念入り」を使った例文2

「念入り」を使った例文1

「顧客からのオーダー品をひとつずつ念入りに仕上げた」

ネットで注文を受けてから制作をするというビジネスをしている人が、オーダー品を丁寧に作り上げたことを表しています。

「念入り」を使った例文2

「彼女が部屋に来る予定があるので、いつもよりも念入りに掃除をした」

恋人が部屋を訪ねてくると言うので、細かいところまで一生懸命掃除をしたことを表しています。



「念入り」の類語や類義語

「念入り」の類語や類義語を紹介します。

  • 「丁重」【ていちょう】
  • 「綿密」【めんみつ】

「丁重」【ていちょう】

「礼儀正しくて、しかも細かい部分まで注意が行き届いている様子」という意味です。

「綿密」【めんみつ】

「細かい部分まで渡り詳しいこと」という意味です。

icon まとめ

「念入り」「ものごとの細かい点にまで注意しながら作業をすること」という意味です。

いつもよりも集中力が必要な作業に対して使いましょう。