意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「棚卸」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「棚卸」という表現は「決算前には棚卸をする必要があります」「棚卸によって小売業の資産が分かります」などの文章で使われますが、「棚卸」にはどのような意味があるのでしょうか?

「棚卸」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「棚卸」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「棚卸」の意味
  • 「棚卸」の表現の使い方
  • 「棚卸」を使った例文と意味を解釈
  • 「棚卸」の類語や類義語


「棚卸」の意味

「棚卸」という表現は、「企業(小売業者)の決算時や在庫整理時に、その時点で在庫として存在するすべての商品・原材料の種類・数・品質などを実際に調べてその価格(資産価値)を査定すること」を意味しています。

実務上の「棚卸」には、「帳簿棚卸」「実地棚卸」の二種類があります。

その意味から転じて、「棚卸」には「人・物事の欠点や短所を一つ一つ数え上げて、敢えてその欠点について言い立てること」の意味合いもあります。

  • 「棚卸」の読み方

「棚卸」の読み方

「棚卸」の読み方は、「たなおろし」になります。



「棚卸」の表現の使い方

「棚卸」の表現の使い方を紹介します。

「棚卸」の表現の使い方は、「決算・在庫管理をする時点でその企業(小売業者)が保有している商品・原材料などの現物資産の数量・種類・品質を調べ上げる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「この小売業者では、年に2回の棚卸を実施して商品の在庫有高をできるだけ正確に把握するようにしています」といった文章で使用することができます。

「棚卸」を使った例文と意味を解釈

「棚卸」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「棚卸」を使った例文1
  • 「棚卸」を使った例文2

「棚卸」を使った例文1

「決算前に棚卸をすることによって、その小売業者が実際に保有している商品の資産価値を正確に把握することができます」

この「棚卸」を使った例文は、「棚卸」という表現を、「決算前にその企業が実際に保有する商品の種類・数量・品質を調べ上げることによって」という意味合いで使っています。

「棚卸」を使った例文2

「自分に甘くて人には厳しい店長は、いつも従業員の棚卸ばかりをしていました」

この「棚卸」を使った例文は、「自分に甘く人に厳しい店長は、いつも従業員の欠点ばかりをあげつらっていた」という意味を持つ文脈で、「棚卸」の表現を使用しています。



「棚卸」の類語や類義語

「棚卸」の類語や類義語を紹介します。

  • 「在庫管理」【ざいこかんり】
  • 「資産査定」【しさんさてい】

「在庫管理」【ざいこかんり】

「棚卸」という表現は、「その会社が店舗・倉庫などで保有している在庫商品の種類・数量・状態などをできるだけ正確に数え上げて調べること」を意味しています。

その意味から、「棚卸」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「在庫管理」の表現を指摘できます。

「資産査定」【しさんさてい】

「資産査定」という表現は、「その企業が所有している資産価値があるものをリサーチして、その市場価値を算定すること」を意味しています。

「棚卸」というのは、「その小売業者が現時点で保有している商品・原材料を数え上げてその資産価値を査定すること」を意味する表現です。

この意味合いから、「資産査定」という表現を、「棚卸」と類似の意味を持つ類義語として上げられるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「棚卸」の表現には、「企業(小売業者)の決算時あるいは在庫整理時に、その時点で保有しているすべての商品・原材料の種類・数・品質などを実際に調べてその資産価値を査定すること(査定して帳簿上の資産価値と一致させること)」などの意味があります。

「棚卸」の類語・類義語として、「在庫管理」「資産査定」などがあります。

「棚卸」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。