意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リーク」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「リーク」は、ニュースで見聞きしたり、紙面上で見掛けることの多い言葉です。

Meaning-Book
「リーク」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「リーク」の意味とは?
  • 「リーク」の表現の使い方
  • 「リーク」を使った例文と意味を解釈
  • 「リーク」の類語や類義語


「リーク」の意味とは?

「リーク」とは、情報を漏らす、または漏れることに使われます。

「関係者からリークした情報では~」のような使われ方が多く、その関係者と呼ばれる人が自ら漏らした、またはそこから何らかの理由によって漏れた情報のこととなります。

「リーク情報」という形で使われることが多く、普通には手に入らない漏れた(その理由についてはこの表現だけでは分かりません)情報のことだと解釈してください。



「リーク」の表現の使い方

「リーク」の表現の使い方を紹介します。

この言葉は「リークした」と使うと、漏らすことに成功した(何らかの方法によって聞き出した)という意味になり、情報誌などでは一種の手柄だという解釈が含まれます。

ただし、そのような情報を全て公開していいという訳でもなく、こっそり教えてくれた(漏らしてくれた)ようなことに対しては、扱いが難しいのも事実です。

リークできたことが嬉しくて、派手に公開などしてしまうと、そことの今後の付き合いに関わったしまうだけでなく、場合によっては面倒なことにもなりかねないので注意が必要になります。

「リーク」を使った例文と意味を解釈

「リーク」を使った例文と、その意味の解釈です。

そこまで難しい言葉ではありませんが、それによって得た情報の扱いは難しいと言わざるを得ません。

  • 「リーク」を使った例文1
  • 「リーク」を使った例文2

「リーク」を使った例文1

「リークできたはいいが、とても外には出せない話だ」

何とか聞き出すことができたものの、とても普通には扱えない話だと使っています。

内容によっては、誰からリークしたのかと分かってしまう場合も多いので、そのような情報は先のように扱いが難しいと言えるでしょう。

「リーク」を使った例文2

「リーク情報だが、発売中止が決定したらしい」

どこからが発売が中止されることが漏れたと分かる使い方です。

このような場合にこそ使う言葉だと言えますが、リーク元については隠しておかないといけないという場合も多いです。



「リーク」の類語や類義語

「リーク」の類語や類義語を紹介します。

これらも情報が漏れたことに対して使われる言葉です。

  • 「流出」【りゅうしゅつ】
  • 「スクープ」

「流出」【りゅうしゅつ】

「情報が流出した」のような使われ方をすると、どこからかリークされたと言っているのと同じ意味になります。

誰が漏らした、誰から漏れたといったことに関係なく、いつの間にかそうなってしまったといった場合によく用いられる表現です。

「スクープ」

リークした内容が誰もが知りたいようなことだった場合に、この「スクープ」と扱われることがあります。

漏れた内容によってはこれとなる場合があると解釈してください。

icon まとめ

「リーク」することは、情報記者にとっては一番の手柄だと言えますが、それを狙うあまり、無茶なことまでするのはとても感心できません。