意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「Doggo」とは?!意味や英語スラングを解説

ネット上で「Doggo」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、背景や関連語なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「Doggo」とは?!意味や英語スラングを解説>


目次

  • 「Doggo」とは?
  • 「Doggo」の概要


「Doggo」とは?

「Doggo」の意味について紹介します。

  • 「Doggo」の意味
  • 「Doggo」の由来
  • 英語での「doggo」の意味

「Doggo」の意味

「Doggo」は、「犬」を意味するスラングで、和製英語として使われます。

主に「天然で可愛らしい犬」を表す言葉で、SNSやツイッターなどで使われています。

「Doggo」の由来

「Doggo」は英語の「Dog(犬)」を派生させた言葉です。

ネットでは2015年頃から流行り出し、段々と一般会話でも使われる様になりました。

英語での「doggo」の意味

英語にも「doggo」という単語はありますが、日本とは意味が違います。

「doggo」「ジッと隠れて」「見えない所で」という意味です。

“He is laying doggo.”

「彼はジッと隠れている」になります。

因みに発音は「ドッゴ」ではなく「ドゴゥ」に近くなります。



「Doggo」の概要

「Doggo」の日本版と使い方について紹介します。

  • 「Doggo」の日本版
  • 「Doggo」の使い方

「Doggo」の日本版

「Doggo」が流行る以前に「犬」を表すスラングが2つあり、現在でも使われています。

1つ目は「イッヌ」で、「イヌ」を派生させた言葉で「可愛らしい犬」という意味で使われています。

2つ目は「Doge」「ドージ」と読み、柴犬の画像を加工して面白おかしくしたミーム画像のことをいい、2013年頃から流行り出しました。

「Doggo」の使い方

「Doggo」は、ネット上で「少し間抜けなところが可愛らしい犬」のミーム画像に使われます。

自分のペットの画像を公開する時にハッシュタグとして「Doggo」を使います。

言葉の響きがまったりとしていて、犬のお茶目な表情や愛くるしさにマッチした表現です。

ネットスラングとしては根強い人気のある言葉で、現在でも使われています。

icon まとめ

「Doggo」「天然で可愛らしい犬」を表すスラングです。

ネットだけではなく日常会話でも使ってみましょう。